MINIジョンクーパーワークス・クラブマン登場【ジュネーブショー08】

2008.02.29 自動車ニュース
MINIジョンクーパーワークス・クラブマン
MINIジョンクーパーワークス・クラブマン登場【ジュネーブショー2008】

【ジュネーブショー08】MINIジョンクーパーワークス・クラブマン登場

MINIブランドは、ジュネーブショーで「MINIジョンクーパーワークス・クラブマン」などを発表する。

MINIジョンクーパーワークス
MINIジョンクーパーワークス
MINIジョンクーパーワークス
MINIジョンクーパーワークス
MINIジョンクーパーワークス・クラブマン
MINIジョンクーパーワークス・クラブマン

■リッターあたり132ps

日本において2008年3月2日にデリバリーが開始された、ちょっぴり長いMINIこと「MINIクラブマンシリーズ」。ジュネーブショーでは、同モデルをベースとした“ジョンクーパーワークス”仕様のコンプリートカーが早くも登場する。

設定されるのは、標準のショートボディをベースにした「MINIジョンクーパーワークス」と、クラブマンがベースの「MINIジョンクーパーワークス・クラブマン」の2モデル。MINIとMINIクラブマンでは、エアロパーツがボディにあわせて最適化されること以外、チューニングメニューはほぼ同じで、以下の通り。

コンプリートカーは、クーパーSをベースとしており、1.6リッターのターボエンジンが搭載される。このエンジンがスゴクて、最高出力は211psと、リッターあたり132ps!を発生するのだ。しかも単に高出力化を狙ったエンジンでないことは、トルク値を見ればわかる。

最大トルクは26.5kgmで、これを1850-5600rpmの広範囲にわたって発生し続けるのだ。しかもオーバーブースト時はトルクが28.6kgmにアップ。パワフルで扱いやすそうなエンジンだ。なおスペックをノーマルのクーパーSと比べると、パワーが36ps、トルクが2kgmアップしている計算になる。

MINIジョンクーパーワークス・クラブマン
MINIジョンクーパーワークス・クラブマン
MINIジョンクーパーワークス・クラブマン
MINIジョンクーパーワークス・クラブマン

■2008年夏に生産開始

トランスミッションは、ギア比がクロースした6段MT。足まわりは、17インチの軽量アロイホイールに205/45-17サイズのランフラットタイヤが組み合わされる。ブレーキはワンメイクレース「MINIチャレンジ」のレース車両で実績のある強化ブレーキキットが装着される。

内装は本革仕様の3本スポーツステアリング、ピアノブラック内装トリムなどが採用される。またオプションでフルレザーシートやレザーコンビシートが用意される。このほか、10mmダウンのスポーツサスペンションやエアロパーツ類は、アクセサリー扱いとして用意される。

コンプリートカーの現地価格は、ミニJCWが2万7700ユーロ(約440万円)、ミニJCWクラブマンは2万9500ユーロ(約469万円)で、2008年8月に生産開始となる模様だ。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクラブマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【レビュー】 2016.1.15 試乗記 2007年に登場したMINIのステーションワゴン「クラブマン」が2代目にフルモデルチェンジ。パワフルな2リッターターボを搭載した上級グレード「クーパーS」の試乗を通して、大幅なサイズアップの裏側に垣間見えるBMWの戦略を探った。
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.1.12 試乗記 モデルチェンジを機に、これまでより上位のプレミアムコンパクトクラスへと階級を移した「MINIクラブマン」。パワフルな「クーパーSクラブマン」に試乗してみると、大きく立派になったことで得られた新型の長所が見えてきた。
  • MINIクーパー クラブマン(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.26 試乗記 シリーズでもっとも大きなボディーを持つにいたった新型「MINIクラブマン」。「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に匹敵する立派なボディーがもたらす走りとは? 1.5リッター直3エンジンを搭載する「クーパー」に試乗した。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
ホームへ戻る