MINIジョンクーパーワークス・クラブマン登場【ジュネーブショー08】

2008.02.29 自動車ニュース
MINIジョンクーパーワークス・クラブマン
MINIジョンクーパーワークス・クラブマン登場【ジュネーブショー2008】

【ジュネーブショー08】MINIジョンクーパーワークス・クラブマン登場

MINIブランドは、ジュネーブショーで「MINIジョンクーパーワークス・クラブマン」などを発表する。

MINIジョンクーパーワークス
MINIジョンクーパーワークス
MINIジョンクーパーワークス
MINIジョンクーパーワークス
MINIジョンクーパーワークス・クラブマン
MINIジョンクーパーワークス・クラブマン

■リッターあたり132ps

日本において2008年3月2日にデリバリーが開始された、ちょっぴり長いMINIこと「MINIクラブマンシリーズ」。ジュネーブショーでは、同モデルをベースとした“ジョンクーパーワークス”仕様のコンプリートカーが早くも登場する。

設定されるのは、標準のショートボディをベースにした「MINIジョンクーパーワークス」と、クラブマンがベースの「MINIジョンクーパーワークス・クラブマン」の2モデル。MINIとMINIクラブマンでは、エアロパーツがボディにあわせて最適化されること以外、チューニングメニューはほぼ同じで、以下の通り。

コンプリートカーは、クーパーSをベースとしており、1.6リッターのターボエンジンが搭載される。このエンジンがスゴクて、最高出力は211psと、リッターあたり132ps!を発生するのだ。しかも単に高出力化を狙ったエンジンでないことは、トルク値を見ればわかる。

最大トルクは26.5kgmで、これを1850-5600rpmの広範囲にわたって発生し続けるのだ。しかもオーバーブースト時はトルクが28.6kgmにアップ。パワフルで扱いやすそうなエンジンだ。なおスペックをノーマルのクーパーSと比べると、パワーが36ps、トルクが2kgmアップしている計算になる。

MINIジョンクーパーワークス・クラブマン
MINIジョンクーパーワークス・クラブマン
MINIジョンクーパーワークス・クラブマン
MINIジョンクーパーワークス・クラブマン

■2008年夏に生産開始

トランスミッションは、ギア比がクロースした6段MT。足まわりは、17インチの軽量アロイホイールに205/45-17サイズのランフラットタイヤが組み合わされる。ブレーキはワンメイクレース「MINIチャレンジ」のレース車両で実績のある強化ブレーキキットが装着される。

内装は本革仕様の3本スポーツステアリング、ピアノブラック内装トリムなどが採用される。またオプションでフルレザーシートやレザーコンビシートが用意される。このほか、10mmダウンのスポーツサスペンションやエアロパーツ類は、アクセサリー扱いとして用意される。

コンプリートカーの現地価格は、ミニJCWが2万7700ユーロ(約440万円)、ミニJCWクラブマンは2万9500ユーロ(約469万円)で、2008年8月に生産開始となる模様だ。

(webCG 曽宮)

関連記事
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • ロクシタンとコラボした「ルノー・カングー アン プロヴァンス」が登場 2017.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月14日、「カングー」に特別仕様車「アン プロヴァンス」を設定し、同年6月8日に70台の台数限定で発売すると発表した。価格は264万円。
ホームへ戻る