【スペック】SV8:全長×全幅×全高=4961×1877×1460mm/ホイールベース=2910mm/車重=1749kg/駆動方式=FR/4.2リッターV8DOHC32バルブスーパーチャージャー(416ps/6250rpm、57.1kgm/3500rpm)(欧州仕様車)/(価格=995.0万円)

ジャガーXF(FR/6AT)【海外試乗記】

誕生の瞬間 2008.02.29 試乗記 ジャガーXF(FR/6AT)

2007年フランクフルトショーでデビューした「ジャガーXF」。間もなく日本発売となる、新世代のスポーツサルーンをモナコで試乗した。

気合いが入る

ついに路上に出た「ジャガーXF」。2006年にデビューした新しい「XKシリーズ」同様「“目玉”の表情がちょっと……」という人はいるかも知れない。エンジンフードへと食い込んだやや上目遣いのヘッドライトは、すべてがエレガントでかつダイナミックな「XF」のルックスの中にあって少々違和感がある。けれども、いまだ個人的にもちょっとばかり馴染めてないその一点を除いて、XFのエクステリアデザインはパーフェクトだと思う。美しい……。

全高が45mm低かったコンセプトモデルの「C−XF」と見較べれば、「クーペのような流麗さ」が多少後退したことは間違いないが、しかし、ここに手を入れなかったなら後席頭上空間は「フル4シーターと呼ぶためには完全に不足した」であろうことは、“量産型”に乗ってみればすぐに理解ができる。

インテリアデザインにも当然気合いが入っている。レザー、ウッド、そしてアルミニウムを贅沢に用いた各部分は、いかにも上質で隙のないジャガー流儀の仕上がり。それでいながら、これまでのジャガー車たちとは一線を画すのが、やや低めのダッシュボード位置やアルミニウム素材の大面積での採用。むしろこれまでジャガーとしては禁じ手とも思えた手法に積極的に取り組んだことだ。

ドアロックを解除すると、まずはエンジンスタートボタンが心臓の鼓動のごとくリズムをとって赤く点滅。そして、イグニッションONでセンターコンソール上から「シフトダイヤル」がせり上がる。と同時に、空調ベントがゆっくりと回転しながらリッドを開いて、スタート準備が整ったことを視覚的にもアピールする。
ちなみに、グローブボックスリッドのオープンやマップランプの点灯はいずれもフェザータッチ式のスイッチ。これらも、これまでの“ジャガーの常識”では考えられなかったギミックだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XFの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編)NEW 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
ホームへ戻る