新型「BMW 3シリーズ」が日本上陸

2012.01.30 自動車ニュース
新型「BMW 3シリーズ」。「328i」(写真)を皮切りに、2012年内は計3モデルが導入される予定。
新型「BMW 3シリーズ」が日本上陸

新型「BMW 3シリーズ」が日本上陸

2012年1月30日、BMWジャパンは、約7年ぶりにフルモデルチェンジした新型「BMW 3シリーズ セダン」を発表、同日から販売を開始した。

発表会場でのスライドから。新型の奥に見えるのが、1975年に誕生した初代(写真右端)以下、歴代の「3シリーズ」。
発表会場でのスライドから。新型の奥に見えるのが、1975年に誕生した初代(写真右端)以下、歴代の「3シリーズ」。
 
新型「BMW 3シリーズ」が日本上陸の画像
インテリアについては、テーマごとに複数のコーディネート(デザイン・ライン)が用意される。写真は「スポーツ」のもの。
インテリアについては、テーマごとに複数のコーディネート(デザイン・ライン)が用意される。写真は「スポーツ」のもの。

■さらにひろびろ6代目

新型「BMW 3シリーズ」(F30)は、1975年に誕生した初代(E21)から数えて6世代目となる。ただし「3シリーズ」とは名乗らないものの、前身となる「02シリーズ」がデビューしたのは66年であるから、BMWのこのクラスは半世紀近い歴史をもつことになる。
以来ずっとBMWの主力車種の座を担ってきたが、日本でもバブル期に「六本木カローラ」とやゆされるほどヒットした2代目(E30)以降、輸入車の車種別ランキングでは上位の常連であり、短期間ではあるがトップに輝いたこともある。

2011年の東京モーターショーにも出展されたコンセプトカー「i8」に通じる顔つきを持つ新型「3シリーズ」。ダイナミズムとエレガンスをより高いレベルで融合したデザインとうたうボディーは今のところ4ドアセダンのみで、サイズは全長4625mm、全幅1800mm、全高1440mm、ホイールベース2810mm。先代(E90)と比べると、ホイールベースは50mm、全長は100mmほど延びているが、全幅と全高はほとんど変わらない。
本国仕様の全幅は1811mmだが、日本仕様は一般的な機械式立体駐車場のサイズを考慮し、ドアハンドルを専用とすることで1800mmに収めているのである。

ちなみに新型を初代「3シリーズ」と比較すると、全長は30cm近く延びており、初代「5シリーズ」(72年〜)とほぼ同じ。全幅は約20cm広く、初代「7シリーズ」(77年〜)とほぼ同じである。変わりゆくマーケットの要求と安全基準に対応した結果、40年近い歳月の間にボディーはここまで大きくなったわけだ。
かつて3シリーズといえば「スポーティーでコンパクトなサルーン」の代名詞的存在であり、今もBMWでは「プレミアム・コンパクト・スポーツセダン」と呼んでいる。しかし、一般的な日本人の感覚ではすでに「コンパクト」の枠からハミ出しており、ミディアム・クラスに属しているといえよう。

プレミアムにふさわしい高品質な素材を使用した、ゆとりのある室内空間も上級クラスに迫る雰囲気である。実際、ホイールベースの延長によって後席のレッグルームは先代より15mm拡大している。だが、インストゥルメントパネル中央部からセンターコンソールにかけての部分がドライバーに向かって傾斜し、運転席がややタイトな印象を与えるところは、スポーティーなドライバーズカーであるBMWならではだ。また全長の拡大に伴い、トランクルーム容量は先代より50リッターも増えている。

 
新型「BMW 3シリーズ」が日本上陸の画像
心臓部は、ターボで過給される2リッターの直4。245ps、35.6kgmを発生する。
心臓部は、ターボで過給される2リッターの直4。245ps、35.6kgmを発生する。
レッグルームが拡大された後席。背もたれは4:2:4の分割可倒式である。
レッグルームが拡大された後席。背もたれは4:2:4の分割可倒式である。

■スポーツ性と環境性能を両立

当初導入されるのは、2リッター直4DOHC直噴ターボエンジンを搭載する「328i」のみである。すでに「528i」にも使われているこのエンジンは、ツインスクロールターボ、高精度ダイレクトインジェクション、ダブルVANOS、そしてバルブトロニックを組み合わせた「BMWツインパワー・ターボ・テクノロジー」を導入した新世代ユニット。最高出力245ps/5000rpm、最大トルク35.6kgm/1250-4800rpmというパフォーマンスを、驚くほどの低燃費と低排出ガスで実現しているという。

高い環境性能を誇るこのエンジンと、高効率の8段AT、アイドリングストップ機能、ブレーキエネルギー回生システム、電動パワーステアリングなどの採用によって、先代の直6エンジンを搭載する「325i」との比較で最高出力を13%、最大トルクを30%も向上させながら、燃費は24%も向上。10・15モードではリッターあたり15.6km(JC08モードでは15.2km/リッター)をマークする。また、標準装備のドライビング・パフォーマンス・コントロールには「ECO PROモード」を設定。これを選択するとエンジンのレスポンスやシフトタイミングが最適化されることに加え、エアコンなどの作動が効率的に制御され、経済的なドライブをサポートする。
新型「3シリーズ」は、「よりクリーンに、よりパワーを。」という「BMW EfficientDynamics」の理念を体現したモデルであり、エコカー減税およびエコカー補助金の対象となることも見込まれている。

前述のとおりホイールベースが延長され、リアのトレッドも3cm拡大された。これによって見るからに安定した姿勢から想像されるとおり、走行安定性はいっそう向上。サスペンションはフロントがダブルジョイント・ストラット、リアが5リンクという形式こそ先代と同じだが、アームの剛性を高め、進化したマウントを採用するなど新設計されている。もちろん前後重量配分は約50:50で、BMWならではのスポーティーで俊敏なハンドリング、そして快適性にもさらに磨きがかかっているという。

荷室の容量はフル乗車時で480リッターが確保される。
荷室の容量はフル乗車時で480リッターが確保される。
 
新型「BMW 3シリーズ」が日本上陸の画像

新型「3シリーズ」には、すでに「1シリーズ」で好評を博している、コンセプトに沿った内外装や装備品がコーディネートされる「デザイン・ライン」が導入される。用意されるのは、スポーティーさを強調した「スポーツ」、現代的なデザインセンスの「モダン」、伝統的かつエレガントな「ラグジュアリー」の3種類である。

先に述べたように、当初導入されるのは2リッター直4ターボ(245ps)の「328i」のみで、価格は以下のとおり。

・328i:570万円
・328iスポーツ:586万円
・328iモダン:586万円
・328iラグジュアリー:586万円

続いて今春には2リッター直4ターボの「320i」が、秋には3リッター直6ターボ+電気モーターのハイブリッドモデル「アクティブハイブリッド3」が追加される予定だ。

(文=沼田 亨)

関連記事
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(後編) 2017.3.30 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「BMW 540i」に試乗する。新しい直列6気筒エンジンを搭載する「5シリーズ」の真打ちは、どんなドライバーにお薦めか。谷口視点で分析する!
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW 523i(FR/8AT)【試乗記】 2012.3.19 試乗記 BMW 523i(FR/8AT)
    ……708万7000円

    仕様変更により、エンジンが2.5リッター直6から2リッター直4ターボに載せ換えられた「523i」。セダンモデルでその走りと燃費性能を試した。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
ホームへ戻る