【スペック】全長×全幅×全高=3935×1685×1440mm/ホイールベース=2545mm/車重=1230kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(120ps/6000rpm、16.3kgm/4250rpm)/価格=287万円(テスト車=312万5000円)

MINIクーパー・クラブマン(FF/6AT)【試乗記】

カッコだけでも二重丸 2008.02.28 試乗記 MINIクーパー・クラブマン(FF/6AT)
……312万5000円

MINIの最新バリエーション「クラブマン」が、いよいよ日本上陸。特徴的なロングボディは、どんな乗り味をもたらすのか? 売れ筋のグレード、「クーパー」を試した。 

古くて新しい

MINIに、「クラブマン」というロングホイールベース版のモデルが加わった。
普通に言えばステーションワゴンなのだが、イギリス流のボディ形式にならって、狩りをする時などに用いたシューティングブレークを頭に描く。外板にウッドパネルこそ用いないものの、バックドアを観音開きにするなど、その昔の懐古趣味を現代感覚で蘇らせている。

一見すると、MINIの標準車を縦長に引き延ばしたような、ダックスフンド的にユーモラスな肢体ではあるが、これでもまだ全長は「クーパー」で3935mm、「クーパーS」で3960mmと、いずれも4mを切る。ホイールベースは80mm延長されて2545mmとなった。

ユニークなのは、ボディが左右対称ではなく、右側ドアの後方にWキャブトラックのような小さな隠しドアを持つことだ。これは、まず通常のドアを開けたあとに内側からしか開けられないものだが、後部座席の乗降性を大いに助ける。もちろんピラーレスで、両方に横開きだから広大な開口部が出現する。
これまで「MINIは欲しいけど、リアシートが狭くて……」と諦めていた人には朗報だ。

正面からの見た目は、ショートボディの「MINI」そのもの。ルーフ両端の盛り上がりが特徴だ。
正面からの見た目は、ショートボディの「MINI」そのもの。ルーフ両端の盛り上がりが特徴だ。
観音開きの「クラブドア」は、車体右側のみに備わる。
観音開きの「クラブドア」は、車体右側のみに備わる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクラブマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「MINIクラブマン」に「ジョンクーパーワークス」が追加 2017.1.25 自動車ニュース BMWジャパンは2017年1月25日、MINIブランドのステーションワゴン「MINIクラブマン」のモデルラインナップに、「ジョンクーパーワークス クラブマン」を追加設定し、販売を開始した。価格は500万円。
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.1.12 試乗記 モデルチェンジを機に、これまでより上位のプレミアムコンパクトクラスへと階級を移した「MINIクラブマン」。パワフルな「クーパーSクラブマン」に試乗してみると、大きく立派になったことで得られた新型の長所が見えてきた。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
ホームへ戻る