【スペック】全長×全幅×全高=3935×1685×1440mm/ホイールベース=2545mm/車重=1230kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(120ps/6000rpm、16.3kgm/4250rpm)/価格=287万円(テスト車=312万5000円)

MINIクーパー・クラブマン(FF/6AT)【試乗記】

カッコだけでも二重丸 2008.02.28 試乗記 MINIクーパー・クラブマン(FF/6AT)
……312万5000円

MINIの最新バリエーション「クラブマン」が、いよいよ日本上陸。特徴的なロングボディは、どんな乗り味をもたらすのか? 売れ筋のグレード、「クーパー」を試した。 

古くて新しい

MINIに、「クラブマン」というロングホイールベース版のモデルが加わった。
普通に言えばステーションワゴンなのだが、イギリス流のボディ形式にならって、狩りをする時などに用いたシューティングブレークを頭に描く。外板にウッドパネルこそ用いないものの、バックドアを観音開きにするなど、その昔の懐古趣味を現代感覚で蘇らせている。

一見すると、MINIの標準車を縦長に引き延ばしたような、ダックスフンド的にユーモラスな肢体ではあるが、これでもまだ全長は「クーパー」で3935mm、「クーパーS」で3960mmと、いずれも4mを切る。ホイールベースは80mm延長されて2545mmとなった。

ユニークなのは、ボディが左右対称ではなく、右側ドアの後方にWキャブトラックのような小さな隠しドアを持つことだ。これは、まず通常のドアを開けたあとに内側からしか開けられないものだが、後部座席の乗降性を大いに助ける。もちろんピラーレスで、両方に横開きだから広大な開口部が出現する。
これまで「MINIは欲しいけど、リアシートが狭くて……」と諦めていた人には朗報だ。

正面からの見た目は、ショートボディの「MINI」そのもの。ルーフ両端の盛り上がりが特徴だ。
正面からの見た目は、ショートボディの「MINI」そのもの。ルーフ両端の盛り上がりが特徴だ。
観音開きの「クラブドア」は、車体右側のみに備わる。
観音開きの「クラブドア」は、車体右側のみに備わる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクラブマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【レビュー】 2016.1.15 試乗記 2007年に登場したMINIのステーションワゴン「クラブマン」が2代目にフルモデルチェンジ。パワフルな2リッターターボを搭載した上級グレード「クーパーS」の試乗を通して、大幅なサイズアップの裏側に垣間見えるBMWの戦略を探った。
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.1.12 試乗記 モデルチェンジを機に、これまでより上位のプレミアムコンパクトクラスへと階級を移した「MINIクラブマン」。パワフルな「クーパーSクラブマン」に試乗してみると、大きく立派になったことで得られた新型の長所が見えてきた。
ホームへ戻る