トップ > インプレッション >メルセデス・ベンツE300ブルーエフィシェンシー アバンギャルド(FR/7AT)【短評】 (2012.1.31)
メルセデス・ベンツE300ブルーエフィシェンシー アバンギャルド(FR/7AT)【短評】
【スペック】全長×全幅×全高=4870×1855×1455mm/ホイールベース=2875mm/車重=1750kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(252ps/6500rpm、34.7kgm/3500-4500rpm)/価格=720万円(テスト車=747万4000円/パラジウムシルバー<メタリックペイント>=8万4000円/レーダーセーフティパッケージ=19万円)

安全は安楽

メルセデス・ベンツE300ブルーエフィシェンシー アバンギャルド(FR/7AT)【短評】

メルセデス・ベンツE300ブルーエフィシェンシー アバンギャルド(FR/7AT)
……747万4000円

マイナーチェンジを受けて安全装備が強化された「メルセデス・ベンツEクラス」。新たに導入された「レーダーセーフティパッケージ」でその走りはどう変わったか。

「PRE-SAFE」と「BAS」の関係は?

「Eクラスご試乗の際」と、前方のスクリーンに注意事項が映し出される。「PRE-SAFEブレーキ機能(自動ブレーキによる停車)は、時速30km/h以下で、ハンドル、ブレーキ操作が入力されていない場合にのみ発動し、条件を満たさない際には減速のみとなり完全停車には至りません……」

「時速30km/hとは『馬から落ちて落馬して』だな」と頭の中でムダな突っ込みを入れつつ、「やれやれ」と思いながら試乗車へ向かった。

PRE-SAFEブレーキとは、前方の障害物に追突しそうだとクルマが判断した場合、自動でブレーキをかけてくれるもの。高速道路を走行中、前方の、渋滞している最後尾のクルマが止まっていることに気づかず、うっかり突っ込んでしまう……。例えばそんな事故を防ぐ、いや防げないまでも、被害を軽減することを目指すシステムだ。職業的な義務として、Eクラスが搭載した新しい機能を取りあえず試す必要があるのだが、気心が知れたカメラカーを相手に十分な安全マージンを取って実施するとはいえ、毎度のことながらこの手のテストは心臓に悪い。ちゃんと止まるのか、と不安になる。

もちろん、完全停車に至る前段階として、「音とディスプレイで警告」、「ブレーキ圧を上げ」、「軽いブレーキングで注意を喚起」といった措置が取られる。つまり「PRE-SAFEブレーキ」は「BASプラス(ブレーキアシスト・プラス)」と結びついて、乗員の安全性を向上させるわけだ。

PRE-SAFEブレーキ? BASプラス? 「不必要に機能説明を難しくしてないか?」との声がいずこからか聞こえたので言い訳しますと、メルセデス・ベンツは、1950年代にEクラスの祖とも言える180シリーズで「クラッシャブルゾーン」の概念を採り入れてからこっち、ABS、エアバッグ、ベルトテンショナー、自動ロールオーバーバーなど、次々と新しい安全装備・機能を開発、搭載してきた。そのため、どうしても新旧システム間で錯綜(さくそう)する部分が出てくるのだ。

mobileCGご紹介

週間アクセスランキング (インプレッション)

注目の情報[PR]