コンパクトFR「BMW 1シリーズクーペ」が日本デビュー

2008.02.26 自動車ニュース

コンパクトFR「BMW 1シリーズクーペ」が日本デビュー

コンパクトFR「BMW 1シリーズクーペ」が日本デビュー

BMWジャパンは2008年2月26日、プレミアムコンパクト「1シリーズ」に2ドアクーペモデルを追加設定。同日販売を開始した。

「コンパクトなパッケージに“駆け抜ける歓び”を体現した1シリーズクーペで、新たな顧客層を開拓したい」と語る、BMWジャパンのヘスス・コルドバ社長。
「コンパクトなパッケージに“駆け抜ける歓び”を体現した1シリーズクーペで、新たな顧客層を開拓したい」と語る、BMWジャパンのヘスス・コルドバ社長。

コンパクトFR「BMW 1シリーズクーペ」が日本デビューの画像

■セグメント唯一のFRクーペで勝負

5ドアハッチバックとして登場した「1シリーズ」は、プレミアムコンパクトセグメントのニーズを満たすべく、2004年9月に日本上陸。本国ドイツでは後に3ドアモデルを追加し、クーペモデルは2007年7月に発表された。日本には2007年10月の東京モーターショーで、そのスタイリングを初めて披露した。

本国および北米では、3リッターNAやディーゼルユニットもラインナップするが、日本発売モデルは3リッターターボ搭載の「135iクーペ M-Sport」のみ。最上級グレードにM-Sportパッケージを組み合わせることで、「1シリーズクーペ=ハイパフォーマンス&スポーティ」な印象を植え付けようという考えだ。

なお、この後には「1シリーズカブリオレ」の導入も予定されている。このセグメントでは唯一ともいえるFRレイアウトを武器に、BMWジャパンは日本市場でのさらなる販売増をねらう。


コンパクトFR「BMW 1シリーズクーペ」が日本デビューの画像

コンパクトFR「BMW 1シリーズクーペ」が日本デビューの画像

■直噴3リッターツインターボで306psを発生

ホイールベースはハッチバックと同じ2660mmとし、ディメンションは全長×全幅×全高=4370×1750×1410mmと150mm長い。ヘッドランプやボディサイドをえぐるようなデザインなど、特徴的なデザインはハッチバックと共通する。新たに設置されたトランクの容量は370リッター。
車両重量1530kgは、BMWのポリシーに乗っ取り、前後50:50に配分される。

「335i」と同型の3リッター直6は、ガソリン直噴式で、バリアブルカムシャフトコントロールのダブルVANOSを採用。並列に配置された2基の小型ターボチャージャーで加給し、最大出力306ps/5800rpmと最大トルク40.8kgm/1300-5000rpmを発生する。
トランスミッションは6段のMTとATが用意される。MTのギアはATよりステップ比がクロースしたもの。


コンパクトFR「BMW 1シリーズクーペ」が日本デビューの画像

コンパクトFR「BMW 1シリーズクーペ」が日本デビューの画像

■6MTが538.0万円

サスペンション形式はハッチバック同様、前マクファーソンストラット/後マルチリンク(5リンク)を採る。日本導入の「M-Sport」はスポーツサスペンションキットを備え、足まわりがかためられた仕様。タイヤは前215/40R18、後245/35R18のランフラットが与えられる。

前席エアバッグのほか、フロントヘッド/カーテンエアバッグなども標準。アンチスピンデバイスのDSCも備わる。Mエアロダイナミックパッケージに準ずるエアロパーツ、レザーのスポーツシートのほか、快適装備としてフロントシートヒーターやiDriveも付与される。
ハンドル位置は右で、価格は6MTが538.0万円、6ATが549.0万円。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
1シリーズBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • BMW X3 xDrive20d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.11.27 試乗記 BMW「Xシリーズ」の中核をなす「X3」がフルモデルチェンジ。先進の安全技術を備え、全方位的な進化を遂げた新型の出来栄えとは? 走りの粋を極めたディーゼルエンジン車「xDrive20d Mスポーツ」に試乗した。
  • ボルボXC60 T5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.12.4 試乗記 デザインはもちろん、走りにおいてもライバルとは趣を異にする新型「ボルボXC60」。シャシーのチューニングから運転席まわりのインターフェイスに至るまで、すべてが丁寧に作りこまれたこのクルマの特徴をひとことで言い表すと……。
  • BMW M135i(FR/8AT)【試乗記】 2015.8.27 試乗記
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.12.13 試乗記