「レンジローバー」の呼称を変更、「レンジローバースポーツ」には新グレードを追加

2008.02.22 自動車ニュース

「レンジローバー」の呼称を変更、「レンジローバースポーツ」には新グレードを追加

ジャガー&ランドローバージャパンは、ランドローバーのフラッグシップモデル「レンジローバー」の呼称を「レンジローバーヴォーグ」に変更するとともに、「レンジローバースポーツ」に装備を変更した追加モデルを、2008年3月1日に発売する。

「レンジローバー」の呼称を変更することで、優れたオンロード性能とオフロード性能を兼ね備える「レンジローバーヴォーグ」と、オンロード性能を追求した「レンジローバースポーツ」の違いを明確にしたという。バリエーションを際だたせ、ブランドイメージを強化するのがねらいだ。

「レンジローバーヴォーグ」は、ジャガー製の4.2リッターV8スーパーチャージドエンジン搭載の「4.2 V8 Supercharged」と、4.4リッターV8エンジン搭載の「4.4 V8」の2グレードでの展開。
「レンジローバースポーツ」は、従来の4.2リッターV8スーパーチャージドに加え、4.4リッターV8エンジンモデルを追加。
インテリアにレザーシートを採用したほか、harman/kardonのオーディオ・システム、Bluetooth付き携帯電話対応ハンズフリー機能を装備し利便性を高めた。
また、アダプティブ・フロントライティング・システムを搭載するなど安全装備も充実する。

価格は、以下の通り。
レンジローバースポーツ 4.4 V8:795.0万円
レンジローバースポーツ 4.2 V8 Supercharged:975.0万円
レンジローバーヴォーグ 4.4 V8:1240.0万円
レンジローバーヴォーグ 4.2 V8 Supercharged:1390.0万円


(webCG ワタナベ)

「レンジローバースポーツ4.4 V8」
「レンジローバースポーツ4.4 V8」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る