ジープ・パトリオット、2012年モデルではFF車も

2012.01.30 自動車ニュース

「ジープ・パトリオット」、2012年モデルではFF車が登場

クライスラー日本は2012年1月30日、ジープのコンパクトSUV「パトリオット」の2012年モデルを、2月11日に発売すると発表した。

2012年モデル「ジープ・パトリオット」のバリエーションは、「スポーツ」と「リミテッド」の2種類。「スポーツ」は、新たに可変バルブタイミング機構付きの2リッター直列4気筒DOHを搭載し、最高出力156ps/6300rpm、最大トルク19.4kgmを発生する。トランスミッションはCVT、駆動方式は日本においてジープ初となる前輪駆動が採用された。燃費はJC08モードで10.4km/リッターとなっている。

一方、上級グレードの「リミテッド」には、従来どおりデュアル可変バルブタイミング機構付きの2.4リッター直列4気筒DOHC(最高出力170ps、最大トルク22.4kgm)が搭載され、CVTが組み合わされる。駆動方式も4WDで変更はない。燃費はJC08モードで10.8km/リッターとなっている。

2012年モデルではボディーカラーに4種類の新色(ミネラルグレー メタリック クリアコート、レスキューグリーン メタリック クリアコート、コッパーヘッド パールコート、トゥルーブルー パールコート)が加わった。

価格は、「スポーツ」が2011年モデルより20万円安い258万円、「リミテッド」は従来と同じ318万円(パワーガラスサンルーフ付き車は328万円)となる。

(webCG 曽宮)

「ジープ・パトリオット リミテッド」
「ジープ・パトリオット リミテッド」 拡大

ジープ・パトリオット、2012年モデルではFF車もの画像 拡大

ジープ・パトリオット、2012年モデルではFF車もの画像 拡大

関連キーワード:
パトリオットジープ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ロサンゼルスショー2017」の会場から(ジープ) 2017.12.4 画像・写真 いよいよ登場した新型「ラングラー」に、700psオーバーのモンスターSUV「グランドチェロキー トラックホーク」の姿も。ロサンゼルスオートショー2017の会場から、話題満載のジープブースの様子を写真でリポートする。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
  • ジュネーブモーターショー2018(その26) 2018.3.11 画像・写真 2018年3月6日に開幕した第88回ジュネーブ国際モーターショー。FCA傘下のジープブランドは新型「ラングラー」と「チェロキー」のマイナーチェンジモデルを欧州初公開した。その姿を写真で紹介する。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
ホームへ戻る