フェラーリ、日本法人「フェラーリ・ジャパン」設立へ

2008.02.22 自動車ニュース

フェラーリ、日本法人「フェラーリ・ジャパン」設立へ

「フェラーリ」は、100%出資子会社の日本法人「フェラーリ・ジャパン」を設立。2008年7月1日から、国内におけるオフィシャルインポーターとして、フェラーリの輸入を開始すると発表した。

新会社「フェラーリ・ジャパン」は、「フェラーリ・アジア・パシフィック」のCEO、マルコ・マテアッチ氏が統括する「フェラーリ・アジア・パシフィック・ディビジョン」が管轄する。

マテアッチ氏によれば、日本は高級車市場の大手であり、フェラーリにとっても世界5番目の“お得意さま”。2007年は376台を売り上げ、アジア・パシフィック地域でトップだった。
今回、その日本市場で「お客様とより直接的にフェラーリの将来的ビジョンを共有する」ため、さらに、「日本市場にひとつの“フェラーリコミュニティー”を作る」ために、6年の歳月を経て現地法人の設立に漕ぎ着けたのだという。

これにより、1976年から30年以上にわたってフェラーリの総代理店をつとめてきた「コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド」は、輸入権をフェラーリ・ジャパンに移管。今夏より正規代理店に移行する。

同社の代表取締役、渡伸一郎氏も挨拶に立ち、「(メルセデス・ベンツを扱った)ヤナセや(ポルシェの)ミツワと同じことなる(=輸入権を移管する)」と説明。「ただ、我々は極めてフレンドリーなプロセスで合意することができた」し、「お互いのポジションを見極めることは将来的に重要だ」。さらに、「今後はディーラーとして日本の自動車文化を高めることに貢献したい」と、前向きなコメントを残した。

なお、新会社設立によるアフターサービスなどへの影響はないとのことである。

(webCG 関)

今後の見通しを説明する、マルコ・マテアッチ氏。
今後の見通しを説明する、マルコ・マテアッチ氏。
記者会見は、「612スカリエッティ」が鎮座するコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド本社で行われた。
記者会見は、「612スカリエッティ」が鎮座するコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド本社で行われた。
「日本がフェラーリにとって最も成功する市場になるよう努力したい」と、マルコ・マテアッチ氏。コーンズの渡伸一郎氏は、「個人的には、正直寂しい」と心情を吐露した。
「日本がフェラーリにとって最も成功する市場になるよう努力したい」と、マルコ・マテアッチ氏。コーンズの渡伸一郎氏は、「個人的には、正直寂しい」と心情を吐露した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。