第446回:トヨタを抜いて世界一! 「シボレー100周年」で見たGM返り咲きパワーの秘密

2012.01.30 エッセイ

第446:第446回:トヨタを抜いて世界一! 「シボレー100周年」で見たGM返り咲きパワーの秘密

シボレー見なけりゃ世界は見えない!?

ニュース聞いてビックリよ。ほとんど映画『ロッキー』並みの復活劇じゃないの!? そう、2011年に世界で902万台を売り、795万台に落ちたトヨタグループはもちろん、816万台のフォルクスワーゲングループまで抜いて自動車販売台数のワールドチャンピオンに返り咲いた米国のゼネラルモーターズ(GM)のことだ。

トヨタに関しては、震災、タイの洪水、円高……などのウン重苦があったとはいえ、思い返せばGMがリーマンショック直後に“チャプター11”こと「連邦破産法第11章」の適用を受けたのがわずか3年前の09年春。しかし、もはや借金の相当分を前倒しで返してるらしい。年900万台って数自体、07年に最後にチャンピオンを取った時にかなり近い。いったいその強さの秘密ってなんなの? と思う。

ゼネラルモーターズ・ジャパンの名物広報スタッフ ジョージ・ハンセン氏いわく、「別に世界一は狙ってません。それより今は“ワールドベストカー”を作るのが目標です。デザイン、ビルドクオリティー、セールスほかすべてで一番を目指す。つまり、持続可能なプロフィタビリティー(収益体質)の追求ですね。この結果はたまたまであって、求めたものではない。もちろん喜んではいますけど(笑)」。
イチローが大記録について「毎日の積み重ねです」ってサラリと言っちゃうように、若干冷静過ぎる感じもあるけど、きっとそうなんでしょう。

肝心の900万台の内訳だが、ぶっちゃけ、キモは「シボレー」ブランドの異様な伸びだ。2011年だけで過去最高の476万台も販売し、メインの北米市場では前年比13%も伸びてるんだけど、それでも全体から見れば3割程度。
「今や半分以上は新興国の方ですね」とハンセン氏がいうように、伸びているのは、5年間で5倍(!)と驚異的な中国をはじめ、ブラジル、ロシア、メキシコなどなど。シボレーは完全に“ニュー・ワールド・キング”。世界は、日本以外のところで動いているのだ!

しかも、売れてるのは……超ベタな「コルベット」や「カマロ」もあるにはあるが、メインは日本にも導入されたSUV「キャプティバ」やコンパクトハッチ「ソニック」、さらに、まだ日本には上陸していない世界累計113万台のお化けセダン「クルーズ」! 他にも例のE-REV(航続距離延長型電気自動車)「ボルト」などあって、ホント別世界。
古い例えになるが、アクションスターの千葉真一が全米じゃ“忍者スター”「サニー・チバ」で有名だったように(古すぎ?)、ところ変わればイメージ変わるのが今の自動車ブランド。いまやシボレーは、魔性のオンナのごとく多面的で……ひとつのイメージだけでは語れなくなっているのだ。

ってなわけで、デトロイトで行われたシボレー100周年イベントで感じた“シボレーの強さ”を不肖・小沢がチラリ解説いたしましょう!

アメリカの「シボレー100周年イベント」取材からのひとこま。写真は「シボレー・ボルト」の一団。
第446:だからトヨタを抜けたのか!? 「シボレー100周年」で見たGM返り咲きパワーの秘密

第446:だからトヨタを抜けたのか!? 「シボレー100周年」で見たGM返り咲きパワーの秘密

第446:どうしてトヨタを抜けたのか? 「シボレー100周年」で見たGM返り咲きパワーの秘密

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』