【スペック】全長×全幅×全高=4270×1780×1605mm/ホイールベース=2780mm/車重=1380kg/駆動方式=FF/1.7リッター直4SOHC 8バルブ(116ps/5500rpm、15.8kgm/3500-4000rpm)/価格=301万円(テスト車=307万3000円/メタリックペイント=6万3000円)

メルセデス・ベンツB170 (FF/CVT)【試乗記】

狙い目モデル 2008.02.21 試乗記 メルセデス・ベンツB170 (FF/CVT)

……307万3000円

「Aクラス」の兄貴分として、ひとまわり大きいボディで登場したコンパクトワゴン「Bクラス」。使い勝手のよいベンツのエントリーモデルに試乗した。

よくできた兄貴

「Aクラス」をベースに、ホイールベースやリアのオーバーハングを伸ばし、流行のミニバン風スタイルを手に入れたのが「Bクラス」だ。当然、駆動方式は横置きのFFで、斜めに置かれたエンジンが万一の事故(正面衝突)の際に二重構造のフロア下に滑り込むという「サンドイッチコンセプト」もそのまま受け継がれている。

そのサンドイッチコンセプトとコンパクトなパワートレインのおかげで、4270mmの全長に対してホイールベースは2780mmと長く、おかげでキャビン、とくに後席のスペースは余裕たっぷり。さらに、荷室も広く、いざというときにはリアシートを倒してスペースアップを図ることができるなど、ワゴン並みの機能性も備えている。用途に応じて荷室のフロアボードの高さが2段階に変えられるのはAクラス譲りで、後席を倒したときフロアボードを上の位置にすれば、フロアがフルフラットになるのも便利である。

そんな特徴を持つBクラスの日本でのラインナップは、1.7リッター直列4気筒を積む「B170」と2リッター(正確には2034ccで2リッターをわずかに上回る)の「B200」。そして、そのターボ版の「B200ターボ」の3タイプ。このうち、今回試乗したのがエントリーモデルのB170で、ほぼ300万円という価格や、B200やB200ターボに比べて自動車税が安く上がるという点では、狙い目のモデルといえる。

ハードディスクナビ(33万円)はディーラーオプション。
ハードディスクナビ(33万円)はディーラーオプション。

メルセデス・ベンツB170 (FF/CVT)【試乗記】の画像

メルセデス・ベンツB170 (FF/CVT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Bクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツA45 AMG 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2013.10.15 試乗記 「メルセデス・ベンツAクラス」で初のハイパフォーマンスモデル「A45 AMG 4MATIC」に試乗。0-100km/h加速4.6秒、車両価格640万円の“コンパクトハッチ”が持つ、本当の価値とは?
  • メルセデス・ベンツA250シュポルト 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2016.2.5 試乗記 フルモデルチェンジから3年にして大幅な改良が施されたメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバックモデル「Aクラス」。200psオーバーのターボエンジンとフルタイム4WDを組み合わせた「A250シュポルト 4MATIC」に試乗し、その進化の度合いを確かめた。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
ホームへ戻る