「メルセデスRクラス」新エンジンで燃費向上

2012.01.30 自動車ニュース

「メルセデスRクラス」新エンジンで燃費向上

メルセデス・ベンツ日本は、クロスオーバーモデル「Rクラス」に新エンジン搭載などマイナーチェンジを施し、2012年1月30日に発売した。

今回、「メルセデス・ベンツRクラス」に新世代の3.5リッターV6直噴エンジンが搭載され、「R350 4MATIC ブルーエフィシェンシー」として発売された。
新エンジンは、一段と燃焼効率の向上が図られ、最高出力は306ps(+34ps)に、最大トルクは37.7kgm(+2.0kgm)へとアップ。最新のトランスミッション「7Gトロニックプラス」の採用と相まって、燃費も約10%向上した。

また、これまでファブリックと合成皮革のコンビだったシート表皮は、「レザーARTICO」と呼ばれる合成皮革へと変更。インテリアの質感は大幅に高まったという。

価格は796万円。ハンドル位置は右のみとなっている。

(webCG 関)

「メルセデス・ベンツR350 4MATIC ブルーエフィシェンシー」
「メルセデス・ベンツR350 4MATIC ブルーエフィシェンシー」 拡大

関連キーワード:
Rクラスメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.15 試乗記 走行性能や快適性、安全性など全ての領域でリファインが図られた、新型「メルセデス・ベンツVクラス」。試乗してみると、そこには、日本の高級ミニバンには見られない独自の世界が広がっていた。
  • スズキ、新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の情報を先行公開 2018.6.18 自動車ニュース スズキが、7月に発表される4代目となる新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の一部情報を先行公開した。先祖返りしたようなクロスカントリー車然としたデザインが特徴で、中身もラダーフレームやパートタイム4WDといったメカニズムは踏襲されている。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • メルセデス・ベンツG350d/GLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)【試乗記】 2018.6.9 試乗記 メルセデスのSUVにイッキ乗りできる、ぜいたくな試乗会が開催された。リポーターがチョイスしたのは、デビューから40年の集大成となる従来型「Gクラス」と、売れ筋ミドルサイズの「GLC」。とりわけ印象に残ったのは、Gクラスの独自の世界観と完成度の高さだった。
  • 「メルセデス・ベンツVクラス」にスポーティーな内外装の新グレード 2017.7.5 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年7月5日、乗用ワンボックス車「Vクラス」に新グレード「V220dスポーツ」を追加設定し、注文受け付けを開始した。「V220d」をベースに、スポーティーかつスタイリッシュな印象がより強調されている。
ホームへ戻る