「メルセデスRクラス」新エンジンで燃費向上

2012.01.30 自動車ニュース

「メルセデスRクラス」新エンジンで燃費向上

メルセデス・ベンツ日本は、クロスオーバーモデル「Rクラス」に新エンジン搭載などマイナーチェンジを施し、2012年1月30日に発売した。

今回、「メルセデス・ベンツRクラス」に新世代の3.5リッターV6直噴エンジンが搭載され、「R350 4MATIC ブルーエフィシェンシー」として発売された。
新エンジンは、一段と燃焼効率の向上が図られ、最高出力は306ps(+34ps)に、最大トルクは37.7kgm(+2.0kgm)へとアップ。最新のトランスミッション「7Gトロニックプラス」の採用と相まって、燃費も約10%向上した。

また、これまでファブリックと合成皮革のコンビだったシート表皮は、「レザーARTICO」と呼ばれる合成皮革へと変更。インテリアの質感は大幅に高まったという。

価格は796万円。ハンドル位置は右のみとなっている。

(webCG 関)

「メルセデス・ベンツR350 4MATIC ブルーエフィシェンシー」
「メルセデス・ベンツR350 4MATIC ブルーエフィシェンシー」

関連キーワード:
Rクラスメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.15 試乗記 走行性能や快適性、安全性など全ての領域でリファインが図られた、新型「メルセデス・ベンツVクラス」。試乗してみると、そこには、日本の高級ミニバンには見られない独自の世界が広がっていた。
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)/V220dアバンギャルド エクストラロング(FR/7AT)【レビュー】 2016.2.5 試乗記 メルセデスの3列シートミニバン「Vクラス」がフルモデルチェンジ。キャビンとラゲッジルームの使い勝手や、2.1リッター直4ディーゼルエンジンがかなえる走りなど、本国から2年遅れで日本に導入された新型の実力を、さまざまな角度から確かめた。
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記 キーワードは「ザ・ダカールレプリカ」。ホンダがダカールラリーに投入するワークスマシンのイメージを受け継いだアドベンチャーモデル「CRF250ラリー」に試乗。乗るものを選ぶような足つき性の“悪さ”に、ホンダの心意気を感じた。
  • 新型メルセデス・ベンツVクラスが日本上陸 2015.10.10 自動車ニュース
  • メルセデス・ベンツV250ブルーテック アバンギャルド(FR/7AT)【海... 2014.4.21 試乗記