「メルセデスRクラス」新エンジンで燃費向上

2012.01.30 自動車ニュース

「メルセデスRクラス」新エンジンで燃費向上

メルセデス・ベンツ日本は、クロスオーバーモデル「Rクラス」に新エンジン搭載などマイナーチェンジを施し、2012年1月30日に発売した。

今回、「メルセデス・ベンツRクラス」に新世代の3.5リッターV6直噴エンジンが搭載され、「R350 4MATIC ブルーエフィシェンシー」として発売された。
新エンジンは、一段と燃焼効率の向上が図られ、最高出力は306ps(+34ps)に、最大トルクは37.7kgm(+2.0kgm)へとアップ。最新のトランスミッション「7Gトロニックプラス」の採用と相まって、燃費も約10%向上した。

また、これまでファブリックと合成皮革のコンビだったシート表皮は、「レザーARTICO」と呼ばれる合成皮革へと変更。インテリアの質感は大幅に高まったという。

価格は796万円。ハンドル位置は右のみとなっている。

(webCG 関)

「メルセデス・ベンツR350 4MATIC ブルーエフィシェンシー」
「メルセデスRクラス」新エンジンで燃費向上

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る