MINIのストレッチ版「クラブマン」は、ミニの日(3/2)に発売

2008.02.18 自動車ニュース

MINIのストレッチ版「クラブマン」は、ミニの日(3/2)に発売

BMWジャパンは、プレミアムコンパクト「MINI」のストレッチバージョン「MINIクラブマン」を、2008年3月2日の「ミニの日」に発売すると発表した。

2007年の東京モーターショーでジャパンプレミアとなった「MINIクラブマン」が、いよいよ発売される。

「MINIクラブマン」は、ハッチバックモデルより全長を240mm、ホイールベースを80mm延長した、いわゆるシューティングブレイクの形状を持つモデル。延長分は、後席足下スペースを80mm拡大し、残りは荷室にあてられる。

後席への乗降がしやすいと謳われる、観音開きする「クラブドア」がボディ右側に備わる。しかし、右ハンドルとなる日本仕様では車道側になるため、いまひとつ使い勝手がよくなさそうだ。ボディ左サイドは通常の一枚ドアとなる。
荷室へのアクセスは「スプリットドア」を通じて行われる。こちらも左右に観音開きし、さらにダンパーが備わるために、急に開閉することがない。

グレードは「クーパー」と「クーパーS」の2種で、ハッチバックモデル同様にそれぞれ1.6リッター(120ps、16.3kgm)と、同ターボ(175ps、24.5kgm)を搭載する。各々6段ATとMTが用意される。
価格はクーパーが274.0万円(6MT)と287.0万円(6AT)、クーパーSが318.0万円(6MT)と331.0万円(6AT)。

(webCG 本諏訪)

 
MINIのストレッチ版「クラブマン」は、ミニの日(3/2)に発売の画像
 
MINIのストレッチ版「クラブマン」は、ミニの日(3/2)に発売の画像
 
MINIのストレッチ版「クラブマン」は、ミニの日(3/2)に発売の画像

関連キーワード:
MINIクラブマンMINI自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。
  • MINIクーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/6AT)【試乗記】 2017.8.25 試乗記 MINIクロスオーバーに追加された新グレードにして、MINI一族にとって初のプラグインハイブリッド車である「MINIクーパーS EクロスオーバーALL4」。前輪をエンジンで、後輪をモーターで駆動する独自のパワープラントがもたらすドライブフィールをリポートする。
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.10 試乗記 「MINIクラブマン」に追加されたホットモデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。ワゴンボディーがもたらす高い利便性と、“JCW”専用チューニングによる高い走行性能は果たして両立するのか。340kmあまりのドライブで得られた結論とは?
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【レビュー】 2016.1.15 試乗記 2007年に登場したMINIのステーションワゴン「クラブマン」が2代目にフルモデルチェンジ。パワフルな2リッターターボを搭載した上級グレード「クーパーS」の試乗を通して、大幅なサイズアップの裏側に垣間見えるBMWの戦略を探った。
  • レトロモダンな限定車 「MINIアイスブルー」登場 2017.9.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年9月8日、「MINI 3ドア」「MINI 5ドア」に特別仕様車「ICE BLUE(アイスブルー)」を設定し、400台の台数限定で販売を開始した。過去に人気を博した「アイスブルー」のボディーカラーを復刻し、専用装備としている。
ホームへ戻る