MINIのストレッチ版「クラブマン」は、ミニの日(3/2)に発売

2008.02.18 自動車ニュース

MINIのストレッチ版「クラブマン」は、ミニの日(3/2)に発売

BMWジャパンは、プレミアムコンパクト「MINI」のストレッチバージョン「MINIクラブマン」を、2008年3月2日の「ミニの日」に発売すると発表した。

2007年の東京モーターショーでジャパンプレミアとなった「MINIクラブマン」が、いよいよ発売される。

「MINIクラブマン」は、ハッチバックモデルより全長を240mm、ホイールベースを80mm延長した、いわゆるシューティングブレイクの形状を持つモデル。延長分は、後席足下スペースを80mm拡大し、残りは荷室にあてられる。

後席への乗降がしやすいと謳われる、観音開きする「クラブドア」がボディ右側に備わる。しかし、右ハンドルとなる日本仕様では車道側になるため、いまひとつ使い勝手がよくなさそうだ。ボディ左サイドは通常の一枚ドアとなる。
荷室へのアクセスは「スプリットドア」を通じて行われる。こちらも左右に観音開きし、さらにダンパーが備わるために、急に開閉することがない。

グレードは「クーパー」と「クーパーS」の2種で、ハッチバックモデル同様にそれぞれ1.6リッター(120ps、16.3kgm)と、同ターボ(175ps、24.5kgm)を搭載する。各々6段ATとMTが用意される。
価格はクーパーが274.0万円(6MT)と287.0万円(6AT)、クーパーSが318.0万円(6MT)と331.0万円(6AT)。

(webCG 本諏訪)

 
MINIのストレッチ版「クラブマン」は、ミニの日(3/2)に発売の画像
 
MINIのストレッチ版「クラブマン」は、ミニの日(3/2)に発売の画像
 
MINIのストレッチ版「クラブマン」は、ミニの日(3/2)に発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクラブマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【レビュー】 2016.1.15 試乗記 2007年に登場したMINIのステーションワゴン「クラブマン」が2代目にフルモデルチェンジ。パワフルな2リッターターボを搭載した上級グレード「クーパーS」の試乗を通して、大幅なサイズアップの裏側に垣間見えるBMWの戦略を探った。
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.1.12 試乗記 モデルチェンジを機に、これまでより上位のプレミアムコンパクトクラスへと階級を移した「MINIクラブマン」。パワフルな「クーパーSクラブマン」に試乗してみると、大きく立派になったことで得られた新型の長所が見えてきた。
  • MINIクーパー クラブマン(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.26 試乗記 シリーズでもっとも大きなボディーを持つにいたった新型「MINIクラブマン」。「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に匹敵する立派なボディーがもたらす走りとは? 1.5リッター直3エンジンを搭載する「クーパー」に試乗した。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.1.20 試乗記 クロスオーバーモデルの「スバルXVハイブリッド」をベースに、STIが独自の改良を施したコンプリートカー「XVハイブリッドtS」。ちょいワル&ポップなスタイリングとSTIならではのチューニングが織り成す魅力をリポートする。
  • フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売 2017.1.17 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月17日、新型「ティグアン」を発表し、同日発売した。「TSIコンフォートライン」「TSIハイライン」「TSI Rライン」の全3グレード構成で、車両価格は360万円から。
ホームへ戻る