第28回:ヒストリックカーイベント「レトロモビル2008」
幻の「空気列車」でゴー!

2008.02.17 エッセイ

第28回:ヒストリックカーイベント「レトロモビル2008」幻の「空気列車」でゴー!

「過積載」と「たそがれ」

2月のパリといえば、ヒストリックカー見本市「レトロモビル」である。週末2回をはさむ10日間というのが、毎年のお約束だ。
今年は2月8日から17日まで開催された。
ちょうどこの時期、パリジャンの中には冬の小休止として雪山や別荘を目指す人が多いが、古典車ファンはレトロモビルのため街に残る。

このイベント、今年で早33回目を迎える。
今年はオーガナイズするスタッフが一斉に代わって、通い歴12年のレトロモビラー(?)であるボクを驚かせた。
また恒例のオークションは、昨年までのクリスティーズ社が自動車売買から撤退したため、代りに初めてボナムズ社によって行なわれた。

特別展は「シトロエン2CVの60周年」「BMWのMパワー30年」「ホンダ創立60年」などなど、過積載ともいえる13項目が用意された。フランスの人気テレビ司会者ジャンピエール・フコー氏の自動車コレクションもあった。日本なら、さながら久米さん・草野さんあたりに車庫からクルマを引っ張り出してきてもらうような企画である。

ただし展示車の年代は、依然として新しくても80年代前半どまり。来場客の多くも、10年前と比べて明らかに高齢化している。ボクなどは「喫茶コーナーで売っている硬いバゲット、大丈夫っすか」などと余計な心配までしてしまった。

J-Pフコーの「シトロエン2CV」と「ルノー4CV」。
J-Pフコーの「シトロエン2CV」と「ルノー4CV」。
オークションで。1962年「コルベット」は5万5000ユーロで落札。
オークションで。1962年「コルベット」は5万5000ユーロで落札。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。