【スペック】全長×全幅×全高=4512×1923×1199mm/ホイールベース=2600mm/車重=1250kg/駆動方式=MR/4.3リッターV8DOHC32バルブ(510ps/8500rpm、470Nm/5250rpm)

フェラーリ430スクーデリア(MR/2ペダル6MT)【海外試乗記(後編)】

フェラーリの進化がとまらない(後編) 2008.02.16 試乗記 フェラーリ430スクーデリア(MR/2ペダル6MT)
「F430」ベースの高性能モデル「F430スクーデリア」。軽量化に加え、電子制御システムなどF1マシンのノウハウが投入されたスペシャルモデルに試乗。『NAVI』加藤哲也の報告。

『NAVI』2007年12月号から転載。

史上最高のフェラーリ

最終コーナーを2速で立ち上がってアウト側縁石に付く前に3速へシフトアップ、メインストレートを猛然と加速しながらCTオフモードへとスイッチを切り替える。F430がアイス/ローロードホールディング/スポーツ/レース/CSTオフの5種類が用意されるのに対し、430スクーデリアではアイスモードが省かれ、新たにトラクション・コントロールの機能だけを停止するモードが加えられた。それがCTオフ。ドライビングの楽しみと、いざとなればVDCが介入して安全性を両立することを目的に、ミハエル・シューマッハーが提案したモードである。

率直にいってこれが実にいい。2速でクリアするタイトベンドがフィオラーノには5ヵ所あり、そのどこでもスロットルを意識的に開ければテールアウトの体勢に持ち込める。中でも一番トリッキーなのがオーバーブリッジを渡った直後に待ち構える、下りの右コーナー(しかも逆バンクに見える)だが、そこでさえ抜群のコントロール性を発揮するではないか。
とりわけダンピングとE-DIFFのバランスは絶妙のひと言。まずリアがスライドに移行する際の動きが非常にソリッドだし、それでいて必要なトラクションが確保されているためクルマを前へ前へと押し出してくれる。だからこそ万全の自信を持ってパワーでリアタイヤを自在に滑らせることが可能なのだ。エンツォの圧倒的なパワーと、サイズに似合わぬ軽快なフットワークも魅力的だが、ハンドリングの洗練度では430スクーデリアの方が一枚上手。まさに史上最高のフェラーリだと思った。

マネッティーノはアイスモードに代わり新たにトラクション・コントロールだけをカットオフ(ESPは作動)するCTオフモードが採用された。
マネッティーノはアイスモードに代わり新たにトラクション・コントロールだけをカットオフ(ESPは作動)するCTオフモードが採用された。
センタートンネル上のスイッチは前方からリバース/オート(自動変速)/ローンチコントロールの順。その次が本文でも触れたダンパーの減衰力を下げて接地性を高めるためのスイッチだ。
センタートンネル上のスイッチは前方からリバース/オート(自動変速)/ローンチコントロールの順。その次が本文でも触れたダンパーの減衰力を下げて接地性を高めるためのスイッチだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.7.26 試乗記 車名も新たに、大幅に進化したフェラーリのフル4シーター4WDクーペ「GTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12自然吸気ユニットを高らかに歌わせれば、真に贅沢(ぜいたく)なグランツーリズモとは何なのかが、即座に理解できるだろう。
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2016.1.14 試乗記 エンジンを自然吸気からターボに改めた新時代のV8フェラーリ「488GTB」に試乗。670psと760Nmを生み出す3.9リッターV8ターボユニットは、ミドシップフェラーリの歴史にいかなる1ページを加えたのだろうか?
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • ポルシェ、新型「パナメーラ/パナメーラ4」の一部仕様を変更 2016.12.22 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは、新型「パナメーラ」「パナメーラ4」の一部仕様を変更すると発表した。エアサスペンションが標準装備となり、それに伴い価格も変更された。新価格は、パナメーラが1132万8000円で、パナメーラ4が1182万8000円。
ホームへ戻る