【スペック】全長×全幅×全高=4512×1923×1199mm/ホイールベース=2600mm/車重=1250kg/駆動方式=MR/4.3リッターV8DOHC32バルブ(510ps/8500rpm、470Nm/5250rpm)

フェラーリ430スクーデリア(MR/2ペダル6MT)【海外試乗記(後編)】

フェラーリの進化がとまらない(後編) 2008.02.16 試乗記 フェラーリ430スクーデリア(MR/2ペダル6MT)
「F430」ベースの高性能モデル「F430スクーデリア」。軽量化に加え、電子制御システムなどF1マシンのノウハウが投入されたスペシャルモデルに試乗。『NAVI』加藤哲也の報告。

『NAVI』2007年12月号から転載。

史上最高のフェラーリ

最終コーナーを2速で立ち上がってアウト側縁石に付く前に3速へシフトアップ、メインストレートを猛然と加速しながらCTオフモードへとスイッチを切り替える。F430がアイス/ローロードホールディング/スポーツ/レース/CSTオフの5種類が用意されるのに対し、430スクーデリアではアイスモードが省かれ、新たにトラクション・コントロールの機能だけを停止するモードが加えられた。それがCTオフ。ドライビングの楽しみと、いざとなればVDCが介入して安全性を両立することを目的に、ミハエル・シューマッハーが提案したモードである。

率直にいってこれが実にいい。2速でクリアするタイトベンドがフィオラーノには5ヵ所あり、そのどこでもスロットルを意識的に開ければテールアウトの体勢に持ち込める。中でも一番トリッキーなのがオーバーブリッジを渡った直後に待ち構える、下りの右コーナー(しかも逆バンクに見える)だが、そこでさえ抜群のコントロール性を発揮するではないか。
とりわけダンピングとE-DIFFのバランスは絶妙のひと言。まずリアがスライドに移行する際の動きが非常にソリッドだし、それでいて必要なトラクションが確保されているためクルマを前へ前へと押し出してくれる。だからこそ万全の自信を持ってパワーでリアタイヤを自在に滑らせることが可能なのだ。エンツォの圧倒的なパワーと、サイズに似合わぬ軽快なフットワークも魅力的だが、ハンドリングの洗練度では430スクーデリアの方が一枚上手。まさに史上最高のフェラーリだと思った。

マネッティーノはアイスモードに代わり新たにトラクション・コントロールだけをカットオフ(ESPは作動)するCTオフモードが採用された。
マネッティーノはアイスモードに代わり新たにトラクション・コントロールだけをカットオフ(ESPは作動)するCTオフモードが採用された。
センタートンネル上のスイッチは前方からリバース/オート(自動変速)/ローンチコントロールの順。その次が本文でも触れたダンパーの減衰力を下げて接地性を高めるためのスイッチだ。
センタートンネル上のスイッチは前方からリバース/オート(自動変速)/ローンチコントロールの順。その次が本文でも触れたダンパーの減衰力を下げて接地性を高めるためのスイッチだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 「フェラーリGTC4ルッソT」発表会の会場から 2017.3.16 画像・写真 フェラーリがフロントエンジンの4シーターモデル「GTC4ルッソT」を日本で初公開。0-100km/h加速が3.5秒、最高速が320km/h以上という動力性能と、4シーターならではの実両性を併せ持つニューモデルのディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • 【ジュネーブショー2017】最高出力500psの「ポルシェ911 GT3」登場 2017.3.8 自動車ニュース 独ポルシェは2017年3月7日、ジュネーブショーモーターショーで「911 GT3」の最新モデルを世界初公開した。同車は最高出力500psの4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載しており、日本での販売価格は2115万円。
  • 価格を抑えた「メルセデスAMG CLA45 4MATIC」限定発売 2017.3.21 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年3月21日、高性能モデル「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC」をベースとする限定車「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC Racing Edition」を発表した。同年4月上旬に90台限定で発売する。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
ホームへ戻る