「エンジンルームの配管に断熱材をつけたほうがいい?」

2008.02.16 クルマ生活Q&A エンジン

「エンジンルームの配管に断熱材をつけたほうがいい?」

アフターマーケットでエンジンルームのエグゾースト配管に装着する断熱材が売られていますが、これはどういうメリットがあるんでしょうか?

お答えします。昔のクルマのエンジンルームはスカスカでしたが、今のクルマはほとんど隙間がなくなっていますね。エンジンだけでなく補機類がたくさん詰め込まれていて、とても窮屈になっています。

内部が混雑すればするほど、熱がこもりやすくなります。しかも、最近のクルマのエグゾーストマニホールドはステンレス製の薄いものが多く、これが熱の発生源ともなっています。分厚い鋼管なら熱を溜めておけますが、薄いのですぐに外に熱を発散してしまうのです。

エンジンルーム内には金属製のもののほかに、プラスチックやゴムでできている部品もあります。これらは熱に弱いので、断熱材を装着して熱を発散しないようにすることは、そういったパーツに悪い影響が及ばないようにする効果はありますね。

また、エンジンルーム内で熱が発散されないということは、その熱が排気管を伝わり、触媒を早く温めることができるということにつながります。それだけ触媒の機能を発揮させるのが早まるわけで、環境にもいいと言えるでしょう。

通常はどうしても断熱材をつけなければならないということはありませんが、何か熱で問題が生じているのなら、装着は効果があるといえます。

あなたにおすすめの記事
新着記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    2017.6.23画像・写真
    モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • CAR LIFE with Dyson

    CAR LIFE with Dyson

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんとwebCG編集部員が愛車を徹底的に掃除する!ダイソンが2017年5月に発売したコードレス・ハンディークリーナー、Dyson V6 Car + Boat Extraの実力やいかに?
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    webCG編集部内において、いつの間にやらすっかり少数派となった独身男子。数少ない“生き残り”のひとりである編集ほったが、「Dyson V6 Car + Boat Extra」とともにマイカーである「ダッジ・バイパー」の清掃に臨む。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    「Dyson V6 Car + Boat Extra」の吸引力を確かめるべく、家族5人、2泊3日のキャンプを行った後に掃除を行った。想像以上のコードレス掃除機体験やいかに。webCG編集部きってのキャンプ名人、折戸がリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    楽しい家族ドライブ。しかしその後には、菓子の食べこぼしに、土、砂、ホコリと、車内の掃除が待っている。「Dyson V6 Car + Boat Extra」があれば車内清掃も楽しくなる? webCG編集部のSAGがリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんは、取材で東奔西走する毎日を過ごしている。愛車の「アウディS1」は休む間もなく走り回り、本格的に掃除をする時間がなかなかとれないのが悩みだそうだ。わかりました、それでは今日は「Dyson V6 Car + Boat Extra」で、徹底的にS1をきれいにしてあげてください!