【スペック】ムーヴX(写真手前):全長×全幅×全高=3395×1475×1635mm/ホイールベース=2455mm/車重=810kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC12バルブ(52ps/6800rpm、6.1kgm/5200rpm)/価格=122万円(テスト車=同じ)

ダイハツ・コペン アクティブトップ/ムーヴX【試乗記(後編)】

タイム・トゥ・セイ・グッバイ(後編) 2012.02.02 試乗記 ダイハツ・コペン アクティブトップ(FF/4AT)/ムーヴX(FF/CVT)
……169万5000円/122万円

広々とした室内と使い勝手の良さがウリの「ムーヴ」と、運転する楽しさを追求した「コペン」を乗り比べ、軽自動車の進化を実感したリポーターがこれからの軽に期待することとは。
軽自動車として初採用となったコペンの電動開閉式ハードトップ。ルーフを収納するには、室内のルーフロックを解除して、センターコンソールにあるスイッチを押すと、約20秒で完了する。
ダイハツ・コペン アクティブトップ/ムーヴX【短評(後編)】

オープンの気持ちよさは格別

(前編からのつづき)
軽自動車の「ダイハツ・コペン」に電動格納式ハードトップが採用されたのは、かなりの驚きだった。当時はやり始めた旬の装備で、「メルセデス・ベンツ500SL」や「トヨタ・ソアラ」などの高級車が競って取り入れていたのだ。

便利なのは間違いないが、コペンの場合ルーフを下ろすとトランクフード前端に15センチほどの隙間が空いてしまう。それを埋めるためにオープニングカバーというパーツがあって、これは手で取り付けなくてはならない。寸法が微妙に合ってなくて装着に苦労した。

オープン時のコペンの荷室は、ハンドバッグが積める程度。写真はクローズ時の様子。(写真をクリックすると、クローズ時の荷室とオープン時の荷室が見られます)
ダイハツ・コペン アクティブトップ/ムーヴX【短評(後編)】

でも、オープンにしてしまえば気持ちよさは格別だ。すべてのネガティブな要素がなくなる。まず、狭さの問題は一気に解決する。屋根がなければ、理論的には空間は無限大だ。クローズドでは気になったタービンの高周波音もまったく聞こえない。エンジンの野太い音だけが響いてきてうれしくなる。剛性感はさらに低下してガクガクブルブルするけれど、それすらも楽しみに変わる。

大いに楽しんだわけだが、手放しで喜ぶのは少数派なんだろうとも同時に思った。10年の間に、自動車は様々な面で進化を遂げている。運動性能、快適性、環境対応など、状況は様変わりしているのだ。


ダイハツ・コペン アクティブトップ/ムーヴX【短評(後編)】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コペンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・コペン セロ(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.2 試乗記 「ダイハツ・コペン」に、初代モデルを思わせる丸いヘッドランプが特徴的な第3のデザイン「CERO(セロ)」が登場。ダイハツが誇る軽オープンスポーツカーの魅力に浸りつつ、いよいよ実現した“自動車の着せ替え”がかなえる可能性を想像する。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • 「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。
ホームへ戻る