「フォード・エスケープ」、2度目のマイチェンでお化粧直し

2008.02.14 自動車ニュース

「フォード・エスケープ」、2度目のマイチェンでお化粧直し

フォード・ジャパン・リミテッドは、小型SUV「エスケープ」にマイナーチェンジを施し、2008年2月14日に発売した。

■さらにタフに、重厚に

2006年6月21日にビッグマイナーチェンジを果たしたエスケープに、2度目のお化粧直しが施された。手入れの箇所は前回とほぼ同じ。Aピラーより前のフロントまわりと、リアまわりだ。

フロントグリルは、太い3本のクロームバーで構成。さらに、ヘッドランプとフロントバンパーを大型化し、フロントエンドのワイド感を演出したという。中央のエンブレム「ブルーオーバル」も大きくなった。
ボディサイドは、フェンダーの厚みを豊かにし、従来ウィンカーがあったフロントフェンダー後部に、エアベントを新設。「SUVとしての、タフさと重厚な印象を与えた」とアピールする。
フロント同様にバンパーを大型化したリアまわりは、縦型だったリアランプが横長のものに変わった。

これにより、全長×全幅×全高=4480(+10)×1845(+20)×1745(+35)mm(カッコ内は従来比、ベーシックグレード「XLT」)と、実際のスリーサイズはわずかに大きくなった。ホイールベースは2620mmのままである。

内装のデザインは基本的に従来どおりながら、ベーシックグレード「XLT」のシート表皮を新デザインのブラックファブリックに変えるなどした。

ラインナップは、2.3リッターモデル「XLT」と、3リッターV6を積む「リミテッド」の2本立て。V6のエントリーグレード「XLT-スポーツ」はカタログから姿を消した。
価格は据え置きとなり、それぞれ255.0万円と325.0万円だ。

(webCG 関)

新型「フォード・エスケープ」
新型「フォード・エスケープ」

「フォード・エスケープ」、2度目のマイチェンでお化粧直しの画像

「フォード・エスケープ」、2度目のマイチェンでお化粧直しの画像
アンテナの位置は、フロント右フェンダーからルーフへと移動。歩行者接触に配慮したという。
アンテナの位置は、フロント右フェンダーからルーフへと移動。歩行者接触に配慮したという。

関連キーワード:
エスケープフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォード・エクスプローラーXLTエコブースト(FF/6AT)【レビュー】 2015.10.16 試乗記 大規模な改良を受けた「フォード・エクスプローラー」に試乗。2リッターエコブーストエンジンが2.3リッターに換装されて力強さを増し、フロントグリルの存在感が強まった最新型は、こんな「悩み」を抱えている人にお薦めだ。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 「フォード・クーガ」を語り尽くす<PR> グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
  • フォード・エクスプローラー XLTエコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2012.2.26 試乗記 フォード・エクスプローラー XLTエコブースト(FF/6AT)
    ……440万円

    「エクスプローラー」に、ターボ、直噴、可変バルブタイミング機構を組み合わせた次世代エンジン「EcoBoost(エコブースト)」搭載グレードが追加された。フォード最新低燃費モデルの走りを試す。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.5.30 試乗記 ルノーの新型SUV「カジャー」に試乗。巷間(こうかん)言われているとおり、その“生い立ち”は、確かに日産とのアライアンス関係によるもの。しかし、ひとたび走らせてみると、ルノーらしい味付けがしっかりと効いた、どこか懐かしみを感じるクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る