「フォード・エスケープ」、2度目のマイチェンでお化粧直し

2008.02.14 自動車ニュース

「フォード・エスケープ」、2度目のマイチェンでお化粧直し

フォード・ジャパン・リミテッドは、小型SUV「エスケープ」にマイナーチェンジを施し、2008年2月14日に発売した。

■さらにタフに、重厚に

2006年6月21日にビッグマイナーチェンジを果たしたエスケープに、2度目のお化粧直しが施された。手入れの箇所は前回とほぼ同じ。Aピラーより前のフロントまわりと、リアまわりだ。

フロントグリルは、太い3本のクロームバーで構成。さらに、ヘッドランプとフロントバンパーを大型化し、フロントエンドのワイド感を演出したという。中央のエンブレム「ブルーオーバル」も大きくなった。
ボディサイドは、フェンダーの厚みを豊かにし、従来ウィンカーがあったフロントフェンダー後部に、エアベントを新設。「SUVとしての、タフさと重厚な印象を与えた」とアピールする。
フロント同様にバンパーを大型化したリアまわりは、縦型だったリアランプが横長のものに変わった。

これにより、全長×全幅×全高=4480(+10)×1845(+20)×1745(+35)mm(カッコ内は従来比、ベーシックグレード「XLT」)と、実際のスリーサイズはわずかに大きくなった。ホイールベースは2620mmのままである。

内装のデザインは基本的に従来どおりながら、ベーシックグレード「XLT」のシート表皮を新デザインのブラックファブリックに変えるなどした。

ラインナップは、2.3リッターモデル「XLT」と、3リッターV6を積む「リミテッド」の2本立て。V6のエントリーグレード「XLT-スポーツ」はカタログから姿を消した。
価格は据え置きとなり、それぞれ255.0万円と325.0万円だ。

(webCG 関)

新型「フォード・エスケープ」
新型「フォード・エスケープ」

「フォード・エスケープ」、2度目のマイチェンでお化粧直しの画像

「フォード・エスケープ」、2度目のマイチェンでお化粧直しの画像
アンテナの位置は、フロント右フェンダーからルーフへと移動。歩行者接触に配慮したという。
アンテナの位置は、フロント右フェンダーからルーフへと移動。歩行者接触に配慮したという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エスケープの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 特集 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 特集 グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 特集 フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
ホームへ戻る