【スペック】X:全長×全幅×全高=3395×1475×1735mm/ホイールベース=2400mm/車重=910kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC12バルブ(54ps/6500rpm、6.4kgm/3500rpm)/価格=123万9000円(テスト車=同じ)

スズキ・パレットX(FF/4AT)/TS(FF/4AT)【試乗速報】

両側スライドドアかセンターピラーなしか 2008.02.14 試乗記 スズキ・パレットX(FF/4AT)/TS(FF/4AT)
……123万9000円/157万5000円
激しい軽ナンバーワンの争いを続けるスズキから、新しいハイトワゴン「パレット」が登場した。「ダイハツ・タント」から二歩遅れての登場となった新型の魅力を探る。

宣戦布告!?

軽自動車ナンバーワンのタイトルを賭けて、熾烈な戦いを繰り広げる「スズキ・ワゴンR」と「ダイハツ・ムーヴ」。2007年は1万6000台の差でワゴンRが王座を守り抜いたが、その一方、“メイクスタイトル”争いではダイハツが2万台差でスズキからトップを奪う格好になった。これに大きく貢献したのが「ダイハツ・タント」で、スズキとしてはこの新しいナンバー2と互角にわたりあえるニューモデルの開発が急務であった。そして、構想からわずか2年、ライバルに真っ向勝負を挑むべく登場したのが「パレット」である。

1700mm台半ばの長身に、長いルーフと短いボンネット。パレットのプロポーションはまさにタント流。試行錯誤の末、四角になったフロントクォーターウインドーが、その印象をさらに強くしている。落ち着いたフロントマスクのおかげで、タントより少し大人っぽい雰囲気に仕上がっているが、ライバル意識むき出しなのは誰の目にも明らかだろう。

「TS」の内装はダークグレー。本革巻きステアリング、タコメーターが標準装備される。
「TS」の内装はダークグレー。本革巻きステアリング、タコメーターが標準装備される。
身長162センチの編集部員ワタナベが、リアシートを一番後ろにした位置で座った図。足下や頭上の空間の広さがわかるだろうか。
身長162センチの編集部員ワタナベが、リアシートを一番後ろにした位置で座った図。足下や頭上の空間の広さがわかるだろうか。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パレットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルトF(FF/5AT)【試乗記】 2015.2.26 試乗記 5段ロボタイズドマニュアル「5AGS」を搭載した新型「スズキ・アルト」のエントリーグレードに試乗。スズキの将来を担う、新世代プラットフォームの実力に触れた。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】 2015.4.1 試乗記 その出来栄えは、標準車の素性のよさがあればこそ? 64psのターボエンジンを搭載した「スズキ・アルト ターボRS」の実力を試す。
  • スズキ・アルトX(FF/CVT)【試乗記】 2015.3.19 試乗記 このインパクトのある“顔つき”がとかく話題になりがちな新型「アルト」だが、デザインばかりに目を奪われてはいけない。このクルマの見どころはその奥、しっかりとしたボディーにこそあるからだ。上級グレードの「X」に試乗し、アルトの“軽自動車力”を探った。
ホームへ戻る