【スペック】全長×全幅×全高=4660×1815×1415mm/ホイールベース=2730mm/車重=1690kg/駆動方式=FR/5リッターV8DOHC32バルブ(423ps/6600rpm、51.5kgm/5200rpm)価格=766万円(テスト車=838万5550円)

レクサスIS F(FR/8AT)【試乗速報】

「F」独自の価値 2008.02.13 試乗記 レクサスIS F(FR/8AT)
……838万5550円

レクサスから5リッターV8エンジンを搭載するニューモデルが登場。「F」という称号を得た「ISシリーズ」のプレミアムスポーツはどんな走りをみせるのか。

レクサスならでは

実際にステアリングを握る前、その姿を視界のうちに捉えた段階から、気分が昂揚してくる。「IS F」は今どき珍しい、そんなクルマの1台だ。より低く、よりワイドになったそのエクステリアは迫力十分。開口部が増やされたフロントまわりや、ディフューザー形状とされたリアバンパー、4本出しのマフラーなどディテールも凄みを感じさせる。けれど、ワイルド過ぎると思わせないのは、ボディパネルの合わせ精度や塗装の艶めきなど、レクサスならではのクオリティの高さのおかげだろう。

室内を見渡しても、その印象は変わらない。ステアリングのグリップ部分にはディンプル加工されたレザーを用い、シートにはサイドサポートを張り出させた専用品を用いる。これによってホールド性が向上したことはもちろん、ベースの「IS」で気になった着座位置の高さが10mm下げられ、ほぼ納得のいくものとなっているのが嬉しい。
こうした走りの演出の一方で、そのシートは滑らかさ抜群のセミアニリン仕上げの本革張りとされ、さらに試乗車にはトリムパネルにグラスファイバーにアルミを蒸着させたというシルバリースターリングファイバーなる素材が奢られて、上質感を一層高めていた。標準のままでも悪くないが、これはオプションで選ぶ価値が十分にある。

 
レクサスIS F(FR/8AT)【試乗速報】の画像
メーカーオプションのシルバリースターリングファイバーパネル。
メーカーオプションのシルバリースターリングファイバーパネル。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • レクサスGS F(FR/8AT)【試乗記】 2016.3.25 試乗記 477psの5リッターV8エンジンを搭載するレクサスのハイパフォーマンスセダン「GS F」に試乗。サーキットで鍛えられた走行性能は、その一方でごく日常的な走りの場面において、どのような味わいをもたらしてくれるのだろうか。
  • レクサスGS F(FR/8AT)【試乗記】 2015.12.24 試乗記 5リッターV8エンジンを搭載する、レクサスのハイパフォーマンスセダン「GS F」に、サーキットと一般道で試乗。開発陣が「これまでの“F”モデルで培ってきた、全ての技術と知見を注ぎ込んだ」と自信を見せる、走りの質を確かめた。
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――レクサスGS F(前編) 2016.6.9 mobileCG SUPER GTやD1グランプリなどで活躍中のレーシングドライバー、谷口信輝が本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は「レクサスGS F」。レクサスの粋を集めたスポーツセダンは、谷口の心をどう揺さぶったのだろうか。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
ホームへ戻る