「アルピーヌ特別展」が、パリで開催中

2008.02.12 自動車ニュース

「アルピーヌ特別展」が、パリで開催中

「アルピーヌ特別展」が、パリで開催中

フランスを代表するスポーツカーブランド「Alpine(アルピーヌ)」。その歴史を彩った車両を展示した「PASSION ALPINE, HOMMAGE A JEAN REDELE」(パッション・アルピーヌ、ジャン・レデレへのオマージュ)展が、2008年1月18日からパリで開催されている。

昨年8月に亡くなった、創業者ジャン・レデレ氏を追悼する展示である。

「アルピーヌA110」
「アルピーヌA110」
ルマン優勝車の「アルピーヌA442」
ルマン優勝車の「アルピーヌA442」

■往年の名車「アルピーヌ」がズラリ

会場は、同社の親会社「ルノー」がシャンゼリゼ大通りに構える多目的ショールーム「アトリエ・ルノー」。そこに並ぶのは、1950年代にレデレ氏がドライバーとしてレースに出場していたのと同じルノー「4CV」、1955年にアルピーヌ社の設立と同時に発表された“Aマーク”の初代モデル「A106」、さらに、ラリーで大活躍し、日本でもコレクターズ・アイテムになっている「A110」や「A310」などである。

さらに、フォーミュラカー、1978年のルマン24時間レースで優勝した「A442」など計8台。その殆どが実際にレースで活躍した貴重なものばかりだ。

車両以外にも、レデレ氏が着用していたブルゾンやヘルメット、ルマン24時間レースの優勝トロフィー、ワークスドライバーのレーシングスーツなど、ゆかりの品々がこの展示会のために集められた。

さらに、レデレ氏の写真パネルや、仏北部ディエップのアルピーヌ工場内でA110が組まれる写真などもずらりと飾られた。

会場内の様子。写真やグッズなど多用な展示で、ファンを楽しませてくれる。
会場内の様子。写真やグッズなど多用な展示で、ファンを楽しませてくれる。
ルノーの2008年型F1マシン「R28」も短期間ながら紹介された。
ルノーの2008年型F1マシン「R28」も短期間ながら紹介された。
こちらは、常設のショップ。充実の品揃えが魅力。
こちらは、常設のショップ。充実の品揃えが魅力。

ちなみに、ディエップの工場は、アルピーヌが1973年にルノーのモータースポーツ部門として傘下に入ると同時に、ルノーの所有となった。その後、ルノーのラインナップから「アルピーヌ」モデルが消滅してからも、「クリオ・トロフィー」「メガーヌRS」「メガーヌ・ルノーF1チーム」などのスポーツモデルを中心に生産。現在でも現役で稼働している。

モータースポーツに懸ける情熱をアルピーヌから受け継いだルノー・スポール。その中枢から、1月末に発表されたばかりのF1マシン「R28」も短期間ながらお目見え。3月の開幕を直前にひかえながら、今季投入される新型マシンを間近で見られるのは嬉しい。

アルピーヌ特別展の開催は2008年3月16日まで(日〜木曜日は、朝10:30〜深夜0:30、金・土曜日は、朝10:30〜深夜2:30 夜の長いこと!)。常設されているショップでは、アルピーヌ関連グッズやミニカーなども特別販売されている。また、関連書籍も自由に閲覧できるという充実ぶりだ。
パリを旅行する機会のある人は、市内散策のスケジュールにぜひ組みこんでみて欲しい。

オフィシャルサイト:www.atelier-renault.com

(文と写真=野口友莉/YUYU)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。