ホンダ、欧州アコードの写真公開【ジュネーブショー08】

2008.02.12 自動車ニュース
 
ホンダ、欧州アコードの写真公開【ジュネーブショー08】

【ジュネーブショー08】ホンダ、欧州アコードの写真公開

ホンダが、ジュネーブショーへの出展を予定している、新型「アコード」(欧州仕様)の写真を公開した。

欧州アコード
欧州アコード
欧州アコードツアラー
欧州アコードツアラー

■高次元の走り、スタイル、安全性を追求

既報の通り、ホンダは2008年3月のジュネーブショーで、新型アコード(欧州仕様)を出展する。このたびセダン版「アコード」とワゴン版「アコードツアラー」の写真公開されたのでお届けしよう。

発表によると新型アコードシリーズは、操縦安定性に優れたスポーティな走りを筆頭に、先進的なエクステリアデザインや高い安全性をコンセプトに掲げ、開発されたとのこと。

パワーユニットは、2リッター(156ps/19.6kgm)と2.4リッター(200ps/23.8kgm)の2種類のi-VTECガソリンエンジンと、2.2リッター i-DTECディーゼルエンジン(150ps/35.7kgm)の計3種類が用意される。ディーゼルのi-DTECは、ガソリンに匹敵する排ガスのクリーンさを誇る新世代ユニット(関連記事)。欧州で2009年に施行予定の次期排出ガス基準「Euro5」のほか、各国で実施される厳しい排ガス基準をパスできる、次世代グローバルディーゼルと目されるエンジンだ。

欧州アコード
欧州アコード
アキュラTSX(北米仕様)
アキュラTSX(北米仕様)
欧州アコードのインパネ
欧州アコードのインパネ

安全面については、車両の挙動を安定させるVSA(車両挙動安定化制御システム)が全車に標準装備される。ほかにも、LKAS(車線維持支援機能)やACC(車速/車間制御機能)、CMBS(追突軽減ブレーキ)をオプションで設定し、予防安全性を高めている。

また、衝突時に乗員保護に加え相手車両への攻撃性も考慮した「コンパティビリティ対応ボディ」により、衝突安全性にも考慮したアッパーミドルセダン/ワゴンが目指された。

スタイリングは、市場ごとに若干意匠が異なる。今回ほぼ同時に発表された欧州仕様と北米仕様(米名:アキュラTSX・ニューヨークショーで発表)ではフロントマスクの表情が若干異なる。日本仕様の正体が判明するのは今年春頃?

(webCG 曽宮)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ、新型「アコード」の情報を先行公開 2017.6.20 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年6月19日(現地時間)、ミドルサイズセダン「アコード」の新型を同年7月14日に初公開すると発表し、コンセプトスケッチを公開した。
  • 「トヨタ・ハリアー」マイナーチェンジ 2リッターターボ搭載車も設定 2017.6.8 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年6月8日、マイナーチェンジを施した「トヨタ・ハリアー」を発表。新たに2リッター直4ターボエンジン搭載車をラインナップし、同日、販売を開始した。
  • スバル、「レヴォーグ」と「WRX S4」を2017年夏に改良 2017.6.5 自動車ニュース スバルは2017年6月5日、「レヴォーグ」と「WRX S4」を大幅改良すると発表した。車両の発表は2017年の夏を予定している。新しいレヴォーグとWRX S4には、大きく進化したアイサイトが搭載される見込み。
  • ホンダが「アコード」をマイナーチェンジ 2016.5.26 自動車ニュース ホンダが「アコード」をマイナーチェンジ。パワーユニットの改良によってシステム最高出力を215psに高めるとともに、燃費も31.6km/リッターに改善した。また新機能として「信号情報活用運転支援システム」を採用するなど、装備の強化も図っている。
  • ホンダ・アコード ハイブリッド EX(FF)【試乗記】 2013.7.11 試乗記 ホンダがHV市場での捲土(けんど)重来を期して送り込んだ「アコード ハイブリッド」。自慢のハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」の走りの特徴とは。
ホームへ戻る