【スペック】全長×全幅×全高=4397×1892×1340mm/ホイールベース=2646mm/車重=1585kg/駆動方式=FR/4.7リッターV8DOHC32バルブ(450ps/7000rpm、470Nm/4750rpm)/価格=2259万円

アルファ・ロメオ8Cコンペティツィオーネ(FR/2ペダル6MT)【海外試乗記(後編)】

快感中枢を刺激する(後編) 2008.02.12 試乗記 アルファ・ロメオ8Cコンペティツィオーネ(FR/2ペダル6MT)
……2259万円(車両本体価格)

アルファ・ロメオのリアルスポーツカー「8Cコンペティツィオーネ」。イタリアで試乗した『NAVI』加藤哲也は、いたるところに“アルファらしさ”を感じたという。
『NAVI』2007年12月号から転載。

カーボンだらけ

前編からのつづき)
目に見える部分のほとんどがカーボンファイバー。それが何より8C一番の特徴だ。スチール製のフロアパネルこそ用いられているが、ボルトと接着によって剛結されるモノコックはカーボン製だし、エアロダイナミクスの改善を目的に採用されたアンダーフロアも、あるいは2000スポルティーヴァにモチーフを求めたに違いない曲面的なフォルムを形成するアウタースキンにも、軽量高剛性で知られる同素材がふんだんに用いられている。この量産にまったく向かない凝った骨格と衣装に目を向けるだけで、限定500台という生産量にも頷けてしまう。

いやそれだけじゃない。インテリアを見てもダッシュボード、シートシェル、ドアトリム等々、とにかくカーボンファイバーが多用されているのだ。プロジェクトリーダーに聞いたところ、ごく初期のプロトタイプではアルミの使用量が約100kgに達していたが、開発を重ねるうち、結局はインストルメントパネルのインサート等たった5kg分しか残らなかったという。

ただし車重は88リッターの燃料タンクを満たし、すぐに走り出せる状態で1585kgと、思ったほどには軽くない。前後重量配分は49:51。0-100km/h加速は4.2秒。最高速の公表値は292km/hだが、実際には300km/hを超えるはずだという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルファ8Cコンペティツィオーネの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【試乗記】 2015.8.17 試乗記 アルファ・ロメオのヒストリーにおいて、極めてまれな量産型のMRスポーツカー「4C」に試乗。カーボンを用いた軽量ボディーや専用設計のシャシー、最新のターボエンジンは、どんな走りをもたらすのか? 燃費の上方も、あわせて報告する。
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー(MR/6AT)【試乗記】 2016.2.25 試乗記 アルファ・ロメオのスポーツカー「4C」に、オープンバージョンの「スパイダー」が登場。フェラーリをはじめ、これまでMRスポーツに乗り継いできた清水草一が、その走りをリポートする。
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【海外試乗記】 2013.10.9 試乗記 ボディーの下にはレーシングカーさながらのカーボン製センターモノコックを隠し、パワー・ウェイト・レシオは3.7kg/ps、0-100km/hをわずか4.5秒で走り切る。しかも、ベースモデルの価格は600万円台!? これまで、こんなイタリアンスーパーカーがあっただろうか。スーパーカー・トゥ・ザ・ピープル! 北イタリアにあるアルファ・ロメオの“聖地”、バロッコ・テストコースからの第一報。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】NEW 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る