第27回:イタリア製高級車絶滅寸前!?
気になる「あの方」たちのクルマ

2008.02.09 エッセイ

第27回:イタリア製高級車絶滅寸前!?気になる「あの方」たちのクルマ

フィアット系高級車惨敗

2008年1月のイタリア国内新車登録台数速報が発表された。それによると、1位が「フィアット・グランデプント」、2位が同「パンダ」、そして4位が「500」と、3位こそ「フォード・フィエスタ」に譲ったが、フィアットが健闘した。

それに対して元気がないのは、同じフィアットグループでも「高級車」だ。
すこし前の数字になるが、2007年10月の「ランチア・テージス」の国内販売台数はわずか64台だった。「アルファ166」に至っては、もはや統計にに上がってこない。同月にライバルである「BMW5シリーズ」と「メルセデスEクラス」は約300台売れたにもかかわらずである。

クラスは一段下だが、2007年に発売されたばかりの「メルセデスCクラス」も、毎月1000台ペースでイタリア製プレミアムに追い討ちをかけている。
ボクは野鳥愛好会の如くイタリアの路上を日々チェックしているが、Cクラスの体感的繁殖度は、新型フィアット500のそれを上回る。フィアット・グループは、高価格かつ開発費が小型車よりかからない「おいしいセグメント」をドイツ車に持っていかれてしまっているかたちだ。

テージスや166を街で見かけても、かなりの確率で「SERVIZIO DI STATO」つまり国家の公用車であることを示すバッジが貼り付けられている。または明らかに企業幹部用の運転手付きである。個人オーナーと思われるクルマは極めて少ない。

イタリアで日増しに増えている「メルセデスCクラス」。
イタリアで日増しに増えている「メルセデスCクラス」。
「ランチア・テージス」、シエナの銀行本店前で。
「ランチア・テージス」、シエナの銀行本店前で。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。