日本上陸は今年末!? VWパサートCC

2008.02.08 自動車ニュース
 
日本上陸は今年末!? VWパサートCC

日本上陸は今年末!? VWパサートCC

フォルクスワーゲンがデトロイトショーで発表した「パサートCC」は、クーペを名乗るスタイリッシュな4ドアセダン。日本上陸が待たれる。

 
日本上陸は今年末!? VWパサートCCの画像
 
日本上陸は今年末!? VWパサートCCの画像

■CC=Comfort Coupe

現行パサートがベースのパサートCC。名前からは流行の“クーペ・カブリオレ”と早合点してしまいそうだが、実際はパサートに、36mm幅広く、52mm低い全長4795×全幅1856×全高1420mmのクーペのようなフォルムを与えた4ドアセダンである。ちなみにCCは“Comfort Coupe”の略で、クーペのスポーティさとセダンの快適さを兼ね備えるクルマを目指したという。

エクステリアは、緩やかな弧を描く低いルーフラインに、パサートとは別のフロントマスクとテールランプ、そしてサッシュレスドアが与えられたのが特徴だ。室内は、インパネなどはセダンのデザインを受け継ぐ一方、リアシートは二人乗りになり、セダンに比べてヘッドルームが限定されるなど、前席重視のパッケージングとなることがわかる。

技術的な話題としては、フォルクスワーゲンとしては初となる“レーンアシスト”機構を採用。また、マーケットによっては、サスペンションと電動パワーステアリングの特性を「Normal」「Sport」「Comfort」の3モードから選ぶことができる電子制御シャシーコントロールシステム「ダイナミック・ドライブ・コントロール」が標準装着となる。

 
日本上陸は今年末!? VWパサートCCの画像
 
日本上陸は今年末!? VWパサートCCの画像

モデルバリエーションは、ガソリン仕様が1.8リッター直4ターボ(160ps)の「1.8 TSI」、2リッター直4ターボ(200ps)の「2.0 TSI」、そして、3.6リッターV6(300ps)の「3.6 FSI」の3種類。「1.8 TSI」と「2.0 TSI」には6段MTが標準装備され、オプションで「1.8 TSI」には7段DSGが、「2.0 TSI」には6段ATが用意される。「3.6 FSI」には、ヨーロッパでは6段DSG、アメリカでは6段ATが組み合わされる。なお、「3.6 FSI」のみ標準でAWD仕様となる。

パサートCCは2008年の第2四半期にヨーロッパで発売となり、その後、北米や日本にも導入の予定。フォルクスワーゲン グループ ジャパンでは、2008年末までの発売を目指し、目下準備を進めている。

(文=生方聡)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル ターボ(FF/6AT)【試乗記】 2013.12.8 試乗記 フォルクスワーゲンの「ザ・ビートル」に、先代「ゴルフGTI」の心臓部を積んだ「ザ・ビートル ターボ」が登場。動力性能は文句なし。天下のフォルクスワーゲンが本気で作ったファンカーに似合うオーナー像とは?
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2016.1.22 試乗記 自然吸気の3.4リッターユニットを搭載する従来型の「ポルシェ911カレラ」に試乗。「ターボ」でも「GT3 RS」でもないごく普通のカレラの、しかもMT仕様を選ぶ意義とは? MT派の筆者はこの「素のカレラ」こそがベスト911と考えている。
ホームへ戻る