日産「シーマ」と「プレジデント」が一部改良で高級感アップ

2008.02.07 自動車ニュース

日産「シーマ」と「プレジデント」が一部改良で高級感アップ

日産自動車は、「シーマ」と「プレジデント」に一部改良を施し、2008年2月7日に販売を開始した。

■内外装の意匠変更で存在感が高められたシーマ

シーマとプレジデントに施された今回の改良は、内外装の化粧直しやボディカラーの追加など小変更に留まる。シーマには、ボリューム感のある前後バンパーや立体感を高めたエンジンフードが採用されたほか、フロントグリルやリヤコンビランプの意匠が変更され、高級車にふさわしい存在感が追求された。

インテリアは、シートカラーをエクリュ色からカフェラテ色に変更。本木目フィニッシャーにダークレッド色が採用された。

ボディカラーに新色のクリスタルホワイトパール、ブリリアントシルバー、ウォームサテンシルバーの3色が追加されたのも新しい。

■両車にキズ痕が復元するスクラッチシールドを採用

プレジデントは、ボディカラーに新色のブレードシルバーが採用された。また、「エクストレイル」に初採用された、洗車キズやひっかきキズなどが自然に復元する性質をもつスクラッチシールドを標準のペイントとした。カーウイングスナビゲーションシステム(DVD方式)、ETCも全車標準装備となった(シーマ、プレジデント共通)。

価格は、シーマが630万円から787万5000円まで。プレジデントは903万円(4人乗り)/987万円(5人乗り)。

(webCG 曽宮)

「シーマ」
「シーマ」
「プレジデント」
「プレジデント」

日産「シーマ」と「プレジデント」が一部改良で高級感アップの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • 日産フーガ250GT(FR/7AT)【試乗記】 2010.3.11 試乗記 日産フーガ250GT(FR/7AT)
    ……523万9500円


    2009年11月に初のフルモデルチェンジを受けた「日産フーガ」。一見、“デザイン重視”で登場したかのように見える2代目だが、実際のところはどうなのか? 売れ筋の2.5リッターモデルを試した。
  • 特別な内外装の日産フーガ/スカイラインが登場 2015.12.21 自動車ニュース 日産が「フーガ」と「スカイライン」に、特別仕様車「クール エクスクルーシブ」を設定。専用の内外装が特徴で、インテリアにはストーンホワイトの本革シートとブラックのトリムが、エクステリアにはピアノブラックのフロントグリルが用いられている。
  • 日産フーガ370GT タイプS(FR/7AT)/250GT(FR/7AT)【試乗速報】 2009.12.16 試乗記 日産フーガ370GT タイプS(FR/7AT)/250GT(FR/7AT)
    ……589万500円/497万7000円

    高級セダン「日産フーガ」の2代目がデビューした。「走・美・快」を開発コンセプトに掲げる新型の走りと乗り心地をチェックした。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る