日産「シーマ」と「プレジデント」が一部改良で高級感アップ

2008.02.07 自動車ニュース

日産「シーマ」と「プレジデント」が一部改良で高級感アップ

日産自動車は、「シーマ」と「プレジデント」に一部改良を施し、2008年2月7日に販売を開始した。

■内外装の意匠変更で存在感が高められたシーマ

シーマとプレジデントに施された今回の改良は、内外装の化粧直しやボディカラーの追加など小変更に留まる。シーマには、ボリューム感のある前後バンパーや立体感を高めたエンジンフードが採用されたほか、フロントグリルやリヤコンビランプの意匠が変更され、高級車にふさわしい存在感が追求された。

インテリアは、シートカラーをエクリュ色からカフェラテ色に変更。本木目フィニッシャーにダークレッド色が採用された。

ボディカラーに新色のクリスタルホワイトパール、ブリリアントシルバー、ウォームサテンシルバーの3色が追加されたのも新しい。

■両車にキズ痕が復元するスクラッチシールドを採用

プレジデントは、ボディカラーに新色のブレードシルバーが採用された。また、「エクストレイル」に初採用された、洗車キズやひっかきキズなどが自然に復元する性質をもつスクラッチシールドを標準のペイントとした。カーウイングスナビゲーションシステム(DVD方式)、ETCも全車標準装備となった(シーマ、プレジデント共通)。

価格は、シーマが630万円から787万5000円まで。プレジデントは903万円(4人乗り)/987万円(5人乗り)。

(webCG 曽宮)

「シーマ」
「シーマ」
「プレジデント」
「プレジデント」

日産「シーマ」と「プレジデント」が一部改良で高級感アップの画像

関連キーワード:
シーマプレジデント日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • 日産シーマハイブリッドVIP G(FR/7AT)【試乗記】 2012.8.15 試乗記 日産シーマハイブリッドVIP G(FR/7AT)
    ……845万2500円

    「日産シーマ」が“フーガのストレッチバージョン”として復活。1モーター2クラッチ方式のハイブリッドシステムを携えた5代目は、初代のように“社会現象”を巻き起こせるか?
  • 日産エクストレイル20X(3列シート車)(4WD/CVT)【試乗記】 2017.9.8 試乗記 “自動運転”のフレーズを掲げる日産の運転支援システム「プロパイロット」が、マイナーチェンジを受けた「エクストレイル」に搭載された。言葉選びに慎重になるメーカーが多い中、あえて強気な姿勢を崩さない日産自慢のシステムの出来栄えは?
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2011.1.26 試乗記 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)
    ……646万8000円

    燃費性能を声高にアピールする、日産の高級セダン「フーガハイブリッド」。その主張の真偽のほどを、長距離ドライブで試した。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.15 試乗記 長年にわたって代を重ねてきた、トヨタのFFセダン「カムリ」。「前例のない変革」を掲げて開発された新型は、どんなクルマに仕上がったのか。最上級グレード「G“レザーパッケージ”」に試乗して確かめた。
ホームへ戻る