クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4920×1820×1500mm/ホイールベース=2855mm/車重=2020kg/駆動方式=FR/6.2リッターV8DOHC32バルブ(514ps/6800rpm、64.2kgm/5200rpm)/価格=1493万円(テスト車=1520万3000円/ボディカラー:ミスティックホワイト=27万3000円)

メルセデス・ベンツE63 AMGステーションワゴン(FR/7AT)【試乗記】

万能マシン 2008.02.07 試乗記 メルセデス・ベンツE63 AMGステーションワゴン(FR/7AT)
……1520万3000円

スーパーチャージャー付き5.5リッターV型8気筒SOHCエンジン搭載の「E55AMG」と入れ替わる形で登場した「E63AMG」。500psを超えるハイパワーの自然吸気エンジンを搭載したハイパフォーマンスカーは、ただスポーティなだけではなかった。

入魂の自然吸気V8エンジン

ひとりのマイスターがまるまる1基のエンジンを組み上げ、できあがったエンジンにマイスターの名を記したプレートを残すのがAMGのやり方。それだけでも彼らのエンジンに対するこだわりが伝わってくるが、そんなAMGが精魂こめて独自に新開発したハイパフォーマンスエンジンが、自然吸気の6.2リッターV8DOHCユニットだ。

「Sクラス」をはじめ、「CL」「M」「CLK」「E」さらには最新の「Cクラス」と、搭載モデルは拡大の一途をたどり、今回試乗した「E63 AMGステーションワゴン」もその中の一台。最高出力514ps/6800rpm、最大トルク64.2kgm/5200rpmは、ステーションワゴンとしてはトップクラスの性能で、このパワーを受け止めるために、7段ATの“7Gトロニック”はパドルシフト付きのAMGスピードシフトに格上げされ、セミアクティブサスペンションの“エアマチックDC”も専用チューンのAMGスポーツサスペンションへと進化。さらに足元にはAMGの5スポークのアルミホイールと、前245/40R18、後265/35R18のワイドタイヤが奢られる。

ほかにも、E63 AMG専用のエアロキットやスポーツシート、スポーツエグゾーストシステムなど専用装備が満載。1500万円弱の価格を含め、ステーションワゴンの頂点に君臨するにはふさわしい内容である。

スポーティなだけじゃない!

E63 AMGステーションワゴンのスペックや装備を眺めていると、スポーティさばかりが浮き彫りになってくる。確かにエンジンは凄い。サウンドに、以前のスーパーチャージャー付き5.5リッターV8ほどの凄みはないが、低回転から溢れんばかりのトルクを湧き出し、ほんのわずかな右足の動きに即座に反応するのは大排気量自然吸気エンジンならではの持ち味だ。しかし本当の凄さは4000rpmを超えてからで、アクセルペダルを床まで踏み込むと、2速はもちろん、3速でも、一気にレブリミットの7200rpmまで吹け切るほどの力強さと切れ味を持つ。パドルシフトを使って積極的なシフト操作を試みると、シフトショックは大きめながら、そのぶん素早く変速を終えるAMGスピードシフトも小気味好い。

一方、専用チューンのAMGスポーツサスペンションは拍子抜けするほど快適な乗り心地だ。「コンフォート」「スポーツ1」「スポーツ2」のうち、快適性重視のコンフォートモードを選ぶと、18インチを履くのがにわかに信じられないくらいマイルドで、メルセデスらしい重厚でフラットな乗り心地を示すし、スポーツ1やスポーツ2を選んだところで不快さとは無縁。ワインディングロードではもう一段締め上げてもいいくらいなのだが、それにしても街中から高速、そして、ワインディングロードまで、辛い思いをせずにスポーティなドライビングが楽しめるのはお見事である。

ラクシュリーサルーンもいいが、あえてステーションワゴンを選ぶアクティブなライフスタイルの持ち主には最良の一台だろう。

(文=生方聡/写真=峰昌宏)

関連キーワード:
Eクラス ステーションワゴンメルセデス・ベンツ試乗記

あなたにおすすめの記事