【スペック】全長×全幅×全高=4435×1905×1250mm/ホイールベース=2650mm/車重=1630kg/駆動方式=4WD/4.2リッターV8DOHC32バルブ(420ps/7800rpm、43.8kgm/4500-6000rpm)/価格=1670.0万円(テスト車=1924.0万円)

アウディR8(4WD/2ペダル6MT)【試乗記】

R8は朝青龍だ 2008.02.06 試乗記 アウディR8(4WD/2ペダル6MT)
……1924.0万円

アウディにとって久々の専用設計となるスポーツカー「R8」。一般公道で感じられるその個性を、良きライバル「日産GT-R」と比べてみる。

GT-Rより尖った存在

「なんでいまさらR8の記事なの??」と思ったみなさん、ちょっと待ってください!! 確かに2007年秋にニッポン上陸した「アウディR8」の試乗インプレッションは、出尽くした感アリ。けれども、R8を取り巻く環境が変わったのだ。

環境の変化とは、「日産GT-R」の登場。この2台は、「4WD」や「2ペダル」などの最新メカニズムで「毎日使えるスーパーカー」を目指すという、同じようなコンセプトを持っている。同条件で同時に乗る厳密な比較テストは機会を改めるとして、GT-Rがデビューしたこのタイミングで、もう一度R8を考えることにはちょっとした意味があるように思う。

数か月ぶりに対面するR8は、圧倒的なスーパーカーだった。一瞬ギョッとするようなルックス、そして車高の低さは、爽やかな朝の街で一種異様な存在感を放っている。東京で見るGT-Rにもそれなりのインパクトがあるけれど、背中に背負ったV8エンジンが透けて見えることも含めて、R8のアピアランスには老若男女を巻き込むパンチ力がある。

そして運転席に乗り込む瞬間、R8のスーパーカーっぷりを思い知らされる。その車高の低さから、「よっこらしょ」とかけ声をかけたくなるくらい身を屈める必要があるのだ。乗降性に限っていえばGT-Rはフツーのクーペだから、おそらくスカートを履いた女性でも楽々乗り込むことができるだろう。けれど、R8は無理。スカートはおろか、腰を痛めている時なども遠慮したい。操縦性云々ではなくそういう意味で、R8は乗り手を選ぶ。


アウディR8(4WD/2ペダル6MT)【試乗記】の画像

アウディR8(4WD/2ペダル6MT)【試乗記】の画像
【テスト車のオプション装備】
カーボンデコラティブパネル=32.0万円/アウディマグネティックライド=27.0万円/クルーズコントロール&アウディパーキングシステム=16.0万円/レザーパッケージ2=83.0万円/アルカンタラヘッドライニング=21.0万円/カーボンシグマサイドブレード=29.0万円/カーボンエンジンカバー=46.0万円。
【テスト車のオプション装備】
カーボンデコラティブパネル=32.0万円/アウディマグネティックライド=27.0万円/クルーズコントロール&アウディパーキングシステム=16.0万円/レザーパッケージ2=83.0万円/アルカンタラヘッドライニング=21.0万円/カーボンシグマサイドブレード=29.0万円/カーボンエンジンカバー=46.0万円。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

R8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.8.4 試乗記 より強力な5.2リッターV10エンジンや、新開発の4WDシステムを得て、一段とダイナミックに生まれ変わった「アウディR8」に試乗。アウディ史上、最も強力なスーパースポーツは、同時に高度な技術に裏打ちされたアウディの旗艦モデルでもあった。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る