【スペック】全長×全幅×全高=4435×1905×1250mm/ホイールベース=2650mm/車重=1630kg/駆動方式=4WD/4.2リッターV8DOHC32バルブ(420ps/7800rpm、43.8kgm/4500-6000rpm)/価格=1670.0万円(テスト車=1924.0万円)

アウディR8(4WD/2ペダル6MT)【試乗記】

R8は朝青龍だ 2008.02.06 試乗記 アウディR8(4WD/2ペダル6MT)
……1924.0万円

アウディにとって久々の専用設計となるスポーツカー「R8」。一般公道で感じられるその個性を、良きライバル「日産GT-R」と比べてみる。

GT-Rより尖った存在

「なんでいまさらR8の記事なの??」と思ったみなさん、ちょっと待ってください!! 確かに2007年秋にニッポン上陸した「アウディR8」の試乗インプレッションは、出尽くした感アリ。けれども、R8を取り巻く環境が変わったのだ。

環境の変化とは、「日産GT-R」の登場。この2台は、「4WD」や「2ペダル」などの最新メカニズムで「毎日使えるスーパーカー」を目指すという、同じようなコンセプトを持っている。同条件で同時に乗る厳密な比較テストは機会を改めるとして、GT-Rがデビューしたこのタイミングで、もう一度R8を考えることにはちょっとした意味があるように思う。

数か月ぶりに対面するR8は、圧倒的なスーパーカーだった。一瞬ギョッとするようなルックス、そして車高の低さは、爽やかな朝の街で一種異様な存在感を放っている。東京で見るGT-Rにもそれなりのインパクトがあるけれど、背中に背負ったV8エンジンが透けて見えることも含めて、R8のアピアランスには老若男女を巻き込むパンチ力がある。

そして運転席に乗り込む瞬間、R8のスーパーカーっぷりを思い知らされる。その車高の低さから、「よっこらしょ」とかけ声をかけたくなるくらい身を屈める必要があるのだ。乗降性に限っていえばGT-Rはフツーのクーペだから、おそらくスカートを履いた女性でも楽々乗り込むことができるだろう。けれど、R8は無理。スカートはおろか、腰を痛めている時なども遠慮したい。操縦性云々ではなくそういう意味で、R8は乗り手を選ぶ。


アウディR8(4WD/2ペダル6MT)【試乗記】の画像

アウディR8(4WD/2ペダル6MT)【試乗記】の画像
【テスト車のオプション装備】
カーボンデコラティブパネル=32.0万円/アウディマグネティックライド=27.0万円/クルーズコントロール&アウディパーキングシステム=16.0万円/レザーパッケージ2=83.0万円/アルカンタラヘッドライニング=21.0万円/カーボンシグマサイドブレード=29.0万円/カーボンエンジンカバー=46.0万円。
【テスト車のオプション装備】
カーボンデコラティブパネル=32.0万円/アウディマグネティックライド=27.0万円/クルーズコントロール&アウディパーキングシステム=16.0万円/レザーパッケージ2=83.0万円/アルカンタラヘッドライニング=21.0万円/カーボンシグマサイドブレード=29.0万円/カーボンエンジンカバー=46.0万円。
関連記事
  • アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.8.4 試乗記 より強力な5.2リッターV10エンジンや、新開発の4WDシステムを得て、一段とダイナミックに生まれ変わった「アウディR8」に試乗。アウディ史上、最も強力なスーパースポーツは、同時に高度な技術に裏打ちされたアウディの旗艦モデルでもあった。
  • アウディR8(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.19 試乗記 第2世代へと進化したアウディのフラッグシップスポーツ、新型「R8」が日本に上陸。富士スピードウェイでフルパワーを解き放った。ドライからウエットへと変化する路面で体感した、その走りを報告する。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • 「アウディR8スパイダー/TT RSクーペ/RS 3セダン」発表会の会場より 2017.3.28 画像・写真 アウディ ジャパンが新型「R8スパイダー」「TT RSクーペ」「RS 3セダン」の3車種を発表。アウディのモータースポーツ活動を担うアウディスポーツ社が手がけた高性能モデルで、5月から7月に順次発売される。各モデルの姿を写真で紹介する。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • アウディR8スパイダー 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.11.30 試乗記 アウディの新型「R8スパイダー」に試乗。アルミとカーボンからなる最新世代の骨格を備えた540psのスーパースパイダーは、より快適に進化しただけでなく、乗り手の魂を激しく揺さぶる官能性をも手にしていた。
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
ホームへ戻る