コンパクトな我流、「ミツオカ・ガリュー204」登場

2008.02.05 自動車ニュース

コンパクトな我流、「ミツオカ・ガリュー204」登場

ミツオカ自動車は2008年2月5日、セダン「ガリュー」の新型として「ガリュー204」を発表した。同年2月6日から販売を開始する。

■ダウンサイジングしても「ガリュー」

現在販売される3代目「ガリュー」は、ミツオカのフラッグシップセダンとして「日産フーガ」をベースに作られ、先日マイナーチェンジを受けたばかり。
今回発表された、シリーズ4代目にあたる「ガリュー204」はその弟分とも言えるクルマで、ベース車に「トヨタ・カローラアクシオ」を用いたコンパクトセダンである。

3代目からかなりのダウンサイジングをした背景には、環境問題への関心の高まりがあるとのこと。環境性能と手頃な取りまわし性をもつコンパクトセダンで、かつ「ガリュー」シリーズの個性である、大きく特徴的なグリルを持つクラシックなデザインを与えたクルマとして誕生したわけである。
車名となる「204」はモデル世代の区別のために付けられた番号で、200番台はガリューシリーズを、4は4代目を意味する。

機関面、装備はベースのカローラに準ずるもので、エンジンは1.5と1.8リッターの2種。5段MT(1.5のみ)かCVTが組み合わされ、FFと4WDが用意される。外装の変更により、全長が160mm長い4570mmとなるが、他はベース車と同じ寸法で、5ナンバーサイズに収まる。価格は228万9000円から315万円。
なお、フーガベースの3代目ガリューと、フォード・マスタングベースの「ガリューコンバーチブル」も継続して販売される。

また、ミツオカでは今回の「ガリュー204」から、印刷物のカタログ配布を廃止し、ネット上の閲覧・ダウンロードのみとすることも発表された。

(webCG 本諏訪)


コンパクトな我流、「ミツオカ・ガリュー204」登場
光岡自動車の光岡章夫社長。「2008年はオロチ・ゼロに始まり、ガリュー204を続けて発表。今年は第3弾、4弾もあります!」と語る、
コンパクトな我流、「ミツオカ・ガリュー204」登場
インテリアは「MITSUOKA」マークのエンブレムがステアリングホイール中央に備わるほどの小変更。
コンパクトな我流、「ミツオカ・ガリュー204」登場

コンパクトな我流、「ミツオカ・ガリュー204」登場

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ガリュー204の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ミツオカの最上級セダン、ガリューが新型に 2015.9.2 自動車ニュース 光岡自動車は2015年9月2日、フラッグシップセダン「ガリュー」をフルモデルチェンジし、同年9月4日に発売すると発表した。5代目となる新型は、ベース車に現行モデルの「日産ティアナ」を採用。予防安全装備として、自動緊急ブレーキなどを用意している。
  • 長〜いミツオカ、「ガリューリムジンS50」発売 2008.10.23 自動車ニュース 光岡自動車は2008年10月23日、新型車「ガリューリムジンS50」を発表。同日に発売した。
  • 第18回 ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 エッセイ 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • ミツオカ・ガリュー、全車自動ブレーキ標準に 2016.1.20 自動車ニュース 光岡自動車は2016年1月20日、フラッグシップセダン「ガリュー」の一部仕様を変更し、同年1月22日に発売すると発表した。
ホームへ戻る