【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1600mm/駆動方式=MR/モーター+リチウムイオンバッテリー(モーター:47kW/18.4kgm、バッテリー330V/16kWh)/航続距離160km

三菱 i MiEV(MR)【試乗記】

乗れば思わず欲しくなる 2008.02.05 試乗記 三菱 i MiEV(MR)
2009年の発売が期待される三菱自動車の電気自動車「iMiEV」に試乗した。電気自動車ならではの魅力とは? ソフト/ハードの両面から探ってみる。

1回の充電で100キロ以上は走れる

三菱自動車の「i MiEV」という、実証走行実験車に公道で乗るチャンスが与えられた。この新世代電気自動車は、今まで乗った電気自動車の中で一番洗練されており、電気スタンドなどインフラが整備され、価格に納得できれば、今すぐ実用に供されるレベルにある。

地球の温暖化防止、環境汚染の防止は急務となっている。その対策としてバイオ燃料車やクリーンディーゼル、そして電気とのハイブリッド化などいろいろな方式が試され、すでに一部は市販されている。その流れが少し見えつつあり、大型車は燃料電池、中型車はハイブリッド、小型車は電気が主流になりそうな気配である。

電気自動車の歴史は古く、ガソリンエンジンとほぼ同じぐらい昔からあるが、発展を阻んできた要因はひとえに、バッテリーの低能率にあった。ここに至って三菱自動車と電力会社との共同研究で、大容量リチウムイオン電池が開発されたので、一気に電化は促進されるだろう。この大容量で高性能なリチウムイオン電池の製造は、GSユアサコ−ポレ−ション、三菱商事、三菱自動車と3社で新会社を設立して行われる。

このリチウムイオン電池は総電圧330Vで総電力量は16kWhである。i MiEVに搭載した場合の性能は、1回の充電で約160km(10・15モ−ド走行)の走行が可能。最高速度は130km/h。走行費用は夜間電力を使えば同クラス・ガソリン車に比べ1/9、昼間の電力でも1/3。加速性能は40-60km/hの追い越し加速で31%タイム短縮。静粛性でも50km/hからの全開加速で5dBの低減を果している。肝心のCO2削減のデ−タとしては、走行時はもちろん発生しないが、発電に要する量を引いて72%の削減ということになる。

荷室の床下に収まるのはインバーターと充電器。
荷室の床下に収まるのはインバーターと充電器。

三菱 i MiEV(MR)【試乗記】の画像
床下の青い部分がバッテリー、赤い部分はモーター。ホイールベースが長く、エンジンが後輪そばにある「i」のプラットフォームをほぼそのまま使う。
床下の青い部分がバッテリー、赤い部分はモーター。ホイールベースが長く、エンジンが後輪そばにある「i」のプラットフォームをほぼそのまま使う。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

i-MiEVの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱「i-MiEV」マイナーチェンジモデルを写真で紹介 2011.7.6 画像・写真 2011年7月6日にマイナーチェンジした電気自動車「三菱i-MiEV」を写真で紹介。
  • 三菱i-MiEV G(MR/1AT)/M(MR/1AT)【試乗記】 2011.9.7 試乗記 三菱i-MiEV G(MR/1AT)/M(MR/1AT)
    ……387万3500円/283万1100円

    マイナーチェンジを受け、ラインナップが拡充した「三菱i-MiEV」。電池容量が異なる「G」と「M」を、箱根で乗り比べた。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.11.15 試乗記 オーテックジャパンが、自社の創立30周年を記念してリリースした、30台限定のスペシャルモデル「日産マーチ ボレロA30」。オーテックが、持てるリソースのすべてを注いで作り上げた“特別なマーチ”の走りをリポートする。
  • 三菱 i-MiEV(MR/1AT)【試乗記】 2009.10.2 試乗記 三菱 i-MiEV(MR/1AT)
    ……481万9500円

    話題のEV、「三菱i-MiEV」の日常的な使い勝手を確認すべく、市街地や高速道路を走り、充電を試みた。そんなさなか、に気付いた、EVならではの喜びとは?
ホームへ戻る