第26回:大矢アキオの独断的 イタリア&フランス「特別仕様車オブ・ザ・イヤー」!

2008.02.05 エッセイ

第26回:大矢アキオの独断的イタリア&フランス「特別仕様車オブ・ザ・イヤー」!

ヨーロッパにだって、ある

ボクは、昔から特別仕様車が好きである。
トヨタの初代「ターセル/コルサ」に存在した伝説の「百恵セレクション」はもちろん、「日産Y30グロリア」の「ジャック・ニクラウス」や「日産ローレル・ジバンシィ」などなど 1980年代日本に存在した有名人系特別仕様車を、担任教師の顔よりもボクは鮮明に覚えている。

現われてはすぐに消えてゆく、線香花火の如くというか、桜の花の如くというか、そのはかなさが心の琴線に触れるのである。

ところで「かのヨーロッパに、そんな安易な特別仕様はない」などとお思いの外国車原理主義者のアナタ、実はあるんです。
その横綱は90年代の3代目「フォルクーワーゲン・ゴルフ」である。「ボン・ジョヴィ」「ピンクフロイド」と、バンド名を冠したスペシャルエディションが次々と発表された。
「ボン・ジョヴィ」仕様は日本でも発売され、ボクは東京で発表会に行った覚えがある。さすがに本物のボン・ジョヴィは呼べなかったらしく、かわりに「プリンセス天功マジックショー」が余興に盛り込まれていた。ちなみにボクとしては、ボン・ジョヴィが来なくてもプリンセス天功で充分満足だった。
なお3代目ゴルフには、その前後にも「ジョーカー」「ヨーロッパ」などと題した特別仕様車たちが次々誕生した。

特別仕様車を乱発した「フォルクスワーゲン・ゴルフ3」の、これは「ジョーカー」。
第26回:大矢アキオの独断的 イタリア&フランス「特別仕様車オブ・ザ・イヤー」!
アルファ147 ドゥカティ・コルセ
第26回:大矢アキオの独断的 イタリア&フランス「特別仕様車オブ・ザ・イヤー」!

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。