「BMW Z4ロードスター」に“Mテイスト“な特別仕様車

2008.02.04 自動車ニュース

「BMW Z4ロードスター」に“Mテイスト“な特別仕様車

BMWジャパンは、2座オープンモデル「Z4ロードスター 2.5i」に、特別仕様車「Z4 Limited Edition」を設定。2008年2月下旬から販売を開始する。165台限定。

今回の特別仕様車は、M社のオリジナルアイテム(「Mスポーツ」)やインテリアのカスタマイズ(「BMW Individual」)が加えられたモデルだ。

ボディーカラーに、Mシリーズ専用色の「カーボンブラック」を採用。足元は、18インチの「Mライトアロイホイール・ダブルスポークスタイリング135M」にランフラットタイヤを組み合わせる。
インテリアは、シートがヒーター付きのMスポーツシートになり、「BMW Individual」のニューイングランドバイカラーレザートリムでドレスアップ。マルチファンクション機能付きのMスポーツレザーステアリングホイールなども備わる。

価格は、ノーマルの「Z4ロードスター 2.5i」より30.0万円アップの、476.0万円。165台限定(右ハンドルのみ)で、2008年2月下旬から販売される。

また、東京丸の内にある「BMW Group Studio」では、これを記念してイベントを開催。「クルマとファッションの融合」をテーマに、2008年2月2日から2月13日まで「Z4 Limited Edition」とファッションブランド(ニール・バレット、ジル・サンダー)の“最新ファッションコーディネート”を展示する。

(webCG 関)

「BMW Z4 Limited Edition」
「BMW Z4 Limited Edition」

「BMW Z4ロードスター」に“Mテイスト“な特別仕様車の画像
「BMW Z4ロードスター」に“Mテイスト“な特別仕様車の画像
関連記事
  • BMW 435i カブリオレ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2014.3.26 試乗記 「3シリーズ カブリオレ」の後を継ぐ、BMWのオープンモデル「4シリーズ カブリオレ」に試乗。7年ぶりのデビューとなる最新型の実力や、いかに?
  • 「BMW 4シリーズ クーペ/カブリオレ/グランクーペ」がマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「4シリーズ クーペ」「4シリーズ カブリオレ」「4シリーズ グランクーペ」をマイナーチェンジし、同日販売を開始した。最新モデルでは、エクステリアが大幅にリフレッシュされている。
  • BMW 220iカブリオレ スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2015.4.28 試乗記 「BMW 2シリーズ」にソフトトップの「カブリオレ」が登場。手頃なサイズの4座オープン、しかも後輪駆動という、今や希少なモデルの実力を試した。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • BMW335iカブリオレ(FR/6AT)【海外試乗記】  2007.2.9 試乗記 BMW335iカブリオレ(FR/6AT)

    初の直噴ツインターボを搭載した「クーペ」に続き、セダン/ワゴンも発売された「3シリーズ」。そして新たにオープンモデル「カブリオレ」が登場した。砂漠のまち、アリゾナからの最新リポート。
  • BMWが4シリーズに新エンジンを搭載 2016.4.22 自動車ニュース BMWが「4シリーズ」を一部改良。「Mモデル」を除くすべてのモデルに新世代のモジュラーエンジンを採用した。これにより、直6モデルの最高出力は326ps/5500rpmに、最大トルクは45.9kgm/1380-5000rpmに向上している。
  • 「BMW 4シリーズ カブリオレ」を写真で紹介 2014.2.18 画像・写真 BMWの新たなオープンモデル「4シリーズ カブリオレ」の姿を写真で紹介する。
  • 「ルノー カングージャンボリー2017」の会場から 2017.5.23 画像・写真 「カングー」のファンを中心としたルノー・ジャポン最大の公式イベント「ルノー カングージャンボリー」が、今年も山中湖で開催された。参加台数、参加人数ともに過去最高を記録したイベントの様子を、写真でリポートする。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
ホームへ戻る