【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1600mm/駆動方式=MR/モーター+リチウムイオンバッテリー(モーター:47kW/18.4kgm、バッテリー330V/16kWh)/航続距離160km

三菱 i MiEV【試乗速報(前編)】

EV時代到来! 2008.02.02 試乗記 三菱 i MiEV(MR)

三菱自動車が2009年の発売を目指し、量産最終段階までこぎ着けた電気自動車「i MiEV」に試乗。その様子を動画でレポート!

走行性能はガソリン車を凌駕

いよいよ電気自動車の時代が到来した! 2005年5月に電気自動車の開発を宣言した三菱自動車が3年弱の年月を費やし、量産に向けた最終段階のプロトタイプを発表。プレスを対象に「iMiEV」の公道試乗会を開催したのだ。

発売を約1〜2年後に控えた現在の電気自動車の状況だが、「i MiEV」は技術的にはほぼ量産レベルにあるとのこと。これまで電気自動車がなかなか普及しなかった最大の要因は、航続距離や動力性能などの実用性が、ガソリンおよびディーゼル車と比べ劣っていたことが挙げられる。その最大の要因となっていたのがバッテリー性能だ。

ところがリチウムイオンバッテリーの開発が進み、ガソリン車と比べても遜色ない実用性が確保できるようになってきた。さらに三菱自動車の場合、GSユアサなどと共同でバッテリーの新会社を立ち上げ、量産に向けた体制を整えるとともに、電力会社と共同で実証実験を進めている。

まだコストの問題など、クリアすべき課題も残っているようだが、少なくとも性能についていえば、すでに実用性は十二分! 取材班は、ベースとなった軽自動車の「i」より速く、しかも“高級”な走りっぷりに唖然としたほど。その様子は、見ていただくのが一番ということで、動画を用意しました。今回の試乗記は、動画+インプレの2本立てでお届けします!

まずは動画前編。雑誌『NAVI』編集長の加藤哲也が、「i MiEV」プロジェクトマネージャーの和田憲一郎氏にインタビュー。iMiEVについて、いろいろと聞きました。

三菱 i MiEV【試乗速報(後編)】

(※アクセスが集中する時間帯や回線状況によっては、ダウンロードに時間がかかり、動画が再生されなかったり、映像が止まってしまうことがあります。ご了承ください)

(webCG 曽宮)

「i MiEV」に搭載されるリチウムイオンバッテリーモジュール。これがフロア下にいくつも搭載される。
「i MiEV」に搭載されるリチウムイオンバッテリーモジュール。これがフロア下にいくつも搭載される。
スピードメーターのまわり、アナログメーターは「パワーメーター」と呼ばれ、出力および回生ブレーキ時に充電の度合いを示す。
スピードメーターのまわり、アナログメーターは「パワーメーター」と呼ばれ、出力および回生ブレーキ時に充電の度合いを示す。
i MiEV開発プロジェクトマネージャー和田憲一郎氏(右)と『NAVI』編集長・加藤哲也(左)
i MiEV開発プロジェクトマネージャー和田憲一郎氏(右)と『NAVI』編集長・加藤哲也(左)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

i-MiEVの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱i-MiEV G(MR/1AT)/M(MR/1AT)【試乗記】 2011.9.7 試乗記 三菱i-MiEV G(MR/1AT)/M(MR/1AT)
    ……387万3500円/283万1100円

    マイナーチェンジを受け、ラインナップが拡充した「三菱i-MiEV」。電池容量が異なる「G」と「M」を、箱根で乗り比べた。
  • 三菱「i-MiEV」の上級グレードを大幅値下げ 2013.11.14 自動車ニュース 三菱が「i-MiEV」と「ミニキャブMiEVバン」を一部改良し、販売を開始した。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.11.15 試乗記 オーテックジャパンが、自社の創立30周年を記念してリリースした、30台限定のスペシャルモデル「日産マーチ ボレロA30」。オーテックが、持てるリソースのすべてを注いで作り上げた“特別なマーチ”の走りをリポートする。
  • 三菱ミラージュG(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.13 試乗記 三菱の世界戦略を支えるコンパクトカー「ミラージュ」がマイナーチェンジ。上級グレード「G」の試乗を通して、世界93カ国で販売されるグローバルプロダクトの進化の度合いと、日本市場におけるライバルに対するアドバンテージを確かめた。
ホームへ戻る