【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1600mm/駆動方式=MR/モーター+リチウムイオンバッテリー(モーター:47kW/18.4kgm、バッテリー330V/16kWh)/航続距離160km

三菱 i MiEV【試乗速報(前編)】

EV時代到来! 2008.02.02 試乗記 三菱 i MiEV(MR)

三菱自動車が2009年の発売を目指し、量産最終段階までこぎ着けた電気自動車「i MiEV」に試乗。その様子を動画でレポート!

走行性能はガソリン車を凌駕

いよいよ電気自動車の時代が到来した! 2005年5月に電気自動車の開発を宣言した三菱自動車が3年弱の年月を費やし、量産に向けた最終段階のプロトタイプを発表。プレスを対象に「iMiEV」の公道試乗会を開催したのだ。

発売を約1〜2年後に控えた現在の電気自動車の状況だが、「i MiEV」は技術的にはほぼ量産レベルにあるとのこと。これまで電気自動車がなかなか普及しなかった最大の要因は、航続距離や動力性能などの実用性が、ガソリンおよびディーゼル車と比べ劣っていたことが挙げられる。その最大の要因となっていたのがバッテリー性能だ。

ところがリチウムイオンバッテリーの開発が進み、ガソリン車と比べても遜色ない実用性が確保できるようになってきた。さらに三菱自動車の場合、GSユアサなどと共同でバッテリーの新会社を立ち上げ、量産に向けた体制を整えるとともに、電力会社と共同で実証実験を進めている。

まだコストの問題など、クリアすべき課題も残っているようだが、少なくとも性能についていえば、すでに実用性は十二分! 取材班は、ベースとなった軽自動車の「i」より速く、しかも“高級”な走りっぷりに唖然としたほど。その様子は、見ていただくのが一番ということで、動画を用意しました。今回の試乗記は、動画+インプレの2本立てでお届けします!

まずは動画前編。雑誌『NAVI』編集長の加藤哲也が、「i MiEV」プロジェクトマネージャーの和田憲一郎氏にインタビュー。iMiEVについて、いろいろと聞きました。

三菱 i MiEV【試乗速報(後編)】

(※アクセスが集中する時間帯や回線状況によっては、ダウンロードに時間がかかり、動画が再生されなかったり、映像が止まってしまうことがあります。ご了承ください)

(webCG 曽宮)

「i MiEV」に搭載されるリチウムイオンバッテリーモジュール。これがフロア下にいくつも搭載される。
「i MiEV」に搭載されるリチウムイオンバッテリーモジュール。これがフロア下にいくつも搭載される。
スピードメーターのまわり、アナログメーターは「パワーメーター」と呼ばれ、出力および回生ブレーキ時に充電の度合いを示す。
スピードメーターのまわり、アナログメーターは「パワーメーター」と呼ばれ、出力および回生ブレーキ時に充電の度合いを示す。
i MiEV開発プロジェクトマネージャー和田憲一郎氏(右)と『NAVI』編集長・加藤哲也(左)
i MiEV開発プロジェクトマネージャー和田憲一郎氏(右)と『NAVI』編集長・加藤哲也(左)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

i-MiEVの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱「i-MiEV」マイナーチェンジモデルを写真で紹介 2011.7.6 画像・写真 2011年7月6日にマイナーチェンジした電気自動車「三菱i-MiEV」を写真で紹介。
  • 「三菱i-MiEV」のインテリアが新デザインに 2016.12.21 自動車ニュース 三菱自動車は2016年12月21日、インテリアを中心に仕様変更が施された、電気自動車「i-MiEV」を発売した。今回の手直しにより、回生ブレーキや空調についても機能が追加された。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
ホームへ戻る