第350回:雪の「レクサスIS F」試乗会
 コイツはつくづく“トヨタ車革命”だ!

2008.02.01 エッセイ

第350回:雪の「レクサスIS F」試乗会 コイツはつくづく“トヨタ車革命”だ!

GT-Rとはある意味、対極的

再び乗ってきましたよ「レクサスIS F」、それもわざわざ都内で雪が降った日に!

IS Fは、ミディアムセダンのISに423psの超ハイパワー5リッターV8をぶち込んだバケモンで、昨年末に富士スピードウェイでサーキット試乗会が行われたばかりなんだけど、今回車両にナンバーが付いて改めて公道試乗会を開催。2回目なんで刺激がないと思ったら……これがまたスゴいじゃないの!

改めて驚きましたねその実力。それはね。なんといっても普段の快適さ&上品さよ。まさしくスーパースポーツも真っ青な400ps級エンジン搭載車でありながら、ホントに乗り心地が良くって、建て付けから内装から音から、もうなにからなにまでコントロールされてて、非常に上品。破綻がない。
逆にいうと、同じモンスタークラスながら、予想以上に荒々しくてレーシングカーっぽかった「日産GT-R」とは対極的。期せずして、トヨタと日産の戦略の違いが浮き彫りになった感じですな。

具体的には開けたドアの手応えからしていわゆる一般高級乗用車、というかまさしくレクサスクオリティ! ドア自体が重めなだけでなく、閉じた途端、バシッっと吸い込まれるような開閉音。大人だなぁ……。
インテリアのセンターコンソールにはカーボンパネルならぬ、貝殻みたいな輝きを持つホワイトパネルが張ってあって、これまたレクサスショールームのイメージ。水割りでも出てきそうですよ。で、エンジンをかけた途端、たらららん♪と例のイメージミュージックが! 400馬力カーでもこれをやってくるとは。
それと前後してメーター中央にもうやうやしく“F”のマークが浮き出てくる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』