VW、次世代プラットフォーム「MQB」を発表

2012.02.02 自動車ニュース

フォルクスワーゲン、次世代プラットフォーム「MQB」を発表

独フォルクスワーゲンは2012年2月1日、次期「ポロ」から「パサート」まで、幅広い車種に採用される次世代プラットフォーム「MQB」を発表した。

■次期「ポロ」から「パサート」まで対応

「モジュラー・トランスバース・マトリックス」。そのドイツ語表記の頭文字をとり、「MQB」と名付けられたフォルクスワーゲン・グループの新世代プラットフォームは、フォルクスワーゲン、アウディ、シュコダ、セアトの小型車から中型車まで、さまざまな車種に採用される予定だ。フォルクスワーゲン車では、「ポロ」、「ビートル」、「ゴルフ」、「シロッコ」、「ジェッタ」、「ティグアン」、「トゥーラン」、「シャラン」、「パサート」、「CC」への採用が予定されている。同一プラットフォームを採用することで、理論上はこれらすべての車種を同一のラインで生産することも可能になる。

この新しいプラットフォームは、ガソリン、ディーゼルを問わず、さまざまなエンジンを同一のマウント方法で搭載できるように設定されている。これにより生産性が大幅に向上し、大幅なコストダウンが可能になるという。

MQBに組み合わされるパワーユニットは、「EA211」シリーズと呼ばれるガソリンエンジンが出力60psから150psのものまで、「EA288」と呼ばれるディーゼルエンジンは、出力が90psから190psのものまで設定される。またMQBは、天然ガスエンジンやハイブリッド、電気自動車(EV)のパワートレインにも対応し、2013年中に登場予定のゴルフの電気自動車「ゴルフ ブルーeモーション」にもこのプラットフォームが使われる。

またこのプラットフォームは軽量設計により、車両の低燃費化に寄与するという。MQB採用車には、これまで上級セグメントの車種モデルにしか採用されていなかった、安全およびインフォテイメント分野における20におよぶ革新技術が搭載される予定で、その中には衝突時の被害軽減のため、一時衝突の後に自動でブレーキを作動させ、二次衝突の衝撃を緩和させる装置などが含まれる。

MQBを最初に採用するモデルは、次期「フォルクスワーゲン・ゴルフ」と「アウディA3」の2車種。これらは2012年3月のジュネーブショーで発表されるとみられている。

(webCG 曽宮)

フォルクスワーゲングループの次世代プラットフォーム「MQB」
フォルクスワーゲングループの次世代プラットフォーム「MQB」

VW、次世代プラットフォーム「MQB」を発表の画像

VW、次世代プラットフォーム「MQB」を発表の画像
「フォルクスワーゲン・パサート」
「フォルクスワーゲン・パサート」
「フォルクスワーゲン・ポロ」
「フォルクスワーゲン・ポロ」

関連キーワード:
ゴルフA3スポーツバックフォルクスワーゲンアウディゴルフ/ゴルフヴァリアント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2013.7.7 試乗記 フルモデルチェンジで7世代目となった「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。このモデルには格別な思いがあるという巨匠 徳大寺有恒が、その仕上がりを吟味した。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
ホームへ戻る