トップ > インプレッション >スバル・レガシィ ボクサーディーゼル【海外試乗記】 (2008.2.1)
スバル・レガシィ ボクサーディーゼル【海外試乗記】
ボクサーディーゼル:ボア×ストローク=86.0mm×86.0mm/2リッター水平対向4DOHC16バルブ・コモンレール式ディーゼルターボ(150ps/3600rpm、35.7kgm/1800rpm)

想像以上のデキ

スバル・レガシィ ボクサーディーゼル【海外試乗記】

スバル・レガシィ ボクサーディーゼル

開発に3年をかけて、ようやく登場するスバル製「ボクサーディーゼル」。スバルは、乗用車として世界初搭載となる水平対向ディーゼルのプレス試乗会を開催した。

ピストン、クランクシャフトなど、個々のエンジンパーツには高強度な材料を採用。ディーゼルの高い燃焼圧に対応する。
スバル・レガシィB4ボクサーターボディーゼル【海外試乗記】

スバル・レガシィB4ボクサーターボディーゼル【海外試乗記】

スバル・レガシィB4ボクサーターボディーゼル【海外試乗記】

ガソリンユニットとの違い

結論から先に言えば、このボクサーディーゼル、デキ映えは期待以上のものだった。まさか水平対向とディーゼルがこんなに相性が良いだなんて、想像すらしていなかったというのが本音である。

スバルが量産車用として世界で初めて世に問う2リッター水平対向4気筒ディーゼルユニット=ボクサーディーゼルは、当然「レガシィ」をはじめとするスバルの既存のラインナップに搭載できるよう開発されたものである。ヨーロッパでシェア50%を超えたディーゼルエンジンを是が非でも手に入れたかったスバルだが、水平対向専用のエンジンベイには直列4気筒は載らないため、他社に供給を頼むことはできない。やるなら自前で用意するしかなかったのだ。
果たして3年の開発期間を経て姿を現したそれは、既存のガソリンユニットとは、まるで別物の内容を持っていた。

たとえばボア×ストロークはガソリンの「EJ20」の92.0mm×75.0mmから86.0mm×86.0mmへとスクエア化され、燃焼室のコンパクト化を可能にするとともに、ボアピッチを詰めたことによってエンジン全長自体も実に61.3mmも短縮されている。これはブロック自体の補強と合わせてディーゼルエンジンに求められる高剛性化に貢献するものだ。

しかし単にストロークを伸ばすと、水平対向の場合はエンジンの全幅が広がってしまうため、ボクサーディーゼルはピストン高を削りシリンダーヘッドも薄く設計することでギリギリでエンジンルームに収めている。これまで水平対向エンジンはショートストロークにならざるを得ないと思っていたが、実はまだこうした余地は残されていたわけである。

  • mixi
  • linkedin
  • rss
レガシィB4/ツーリングワゴン/アウトバック
スバル
レガシィB4
レガシィ・ツーリングワゴン
アウトバック
mobileCGご紹介

週間アクセスランキング (インプレッション)

注目の情報[PR]