「GT-R」でタイトル総ナメ!? 〜2008年日産モータースポーツ体制発表会から

2008.01.31 自動車ニュース

「GT-R」でタイトル総ナメ!? 〜2008年日産モータースポーツ体制発表会から

日産自動車とニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(NISMO)は2008年1月31日、2008年シーズンの「モータースポーツ活動体制発表会」を開いた。

■新たな「GT-R伝説」をつくる

2008年、日産がメインに取り組むモータースポーツカテゴリは、昨年に同じく「SUPER GT」。2004年から使ってきた「Z」に代えて新型「GT-R」で参戦するのが、最大のトピックだ。
「NISMO(XANAVI NISMO GT-R/本山哲、ブノワ・トレルイエ)」以下、総勢4チーム5台体制で、ここ2年遠ざかっているタイトル奪還を目指す。

日産系チーム全体を指揮するのは、昨シーズン同様、柿元邦彦総監督だ。
各チームのメンバーを順に紹介しつつ、新しいマシンにも言及。「空力、重心の低下、シャシー剛性向上など、開発に力を注いできました」「昨年のZは“直線番長”といわれたが、新しいGT-Rは、コーナリングマシンです!」と胸を張った。レギュレーションの変更でどのクルマも最高速が落ちる今シーズン、それが強みとなることを示唆してのコメントだ。
さらに、「既にマレーシアで行った合同テストを見るに、GT-Rが他車よりも一歩抜きん出ていると思われた」と自信を覗かせた。

また、日産のグローバルモータースポーツプログラムダイレクターをつとめる眞田裕一氏は、「R32、33、34と、11年で6回もチャンピオンになったGT-Rの復活だから、期待を感じる」としながら、「このR35で勝って、新たな伝説を作ります」。さらに、「トヨタ、ホンダと真の戦いを繰り広げることで、日本のモータースポーツを活性化させたい」と語気を強めた。

開幕の火蓋が切られるのは、3月14〜16日の第1戦「鈴鹿」。「チームとドライバーの両タイトルはもちろん、デビューウィンもGT-Rの使命だ」という柿元総監督の言葉どおりになるか、注目したいところだ。

■プライベーターの支援も

ワークス体制をとるSUPER GT(GT500)のほか、日産はプライベーターの支援にも取り組む。
ワンメイクの「マーチカップレース」やレーシングスクールを開催し、「SUPER GT GT300クラス」や「スーパー耐久シリーズ ST-1/ST-3」に参加する「Z」をサポート。また、若手ドライバー育成を目的とする「フォーミュラ・チャレンジ・ジャパン」に協賛し、エンジンのメンテナンス業務をNISMOが担当する。

海外では、2006年から「ティーダ」で参戦を続ける中国国内の最高峰レース「中国サーキット選手権」(China Circuit Championship)を支援。南アフリカの「オフロード選手権」(日産ナバラ)や「プロダクションカー選手権」(フェアレディZ)にも出場するとのことだ。

(webCG 関)

「XANAVI NISMO GT-R」と、日産のレーシングドライバーたち。
「XANAVI NISMO GT-R」と、日産のレーシングドライバーたち。
タイトル奪還への意欲を熱く語る、柿元邦彦総監督。
タイトル奪還への意欲を熱く語る、柿元邦彦総監督。
挨拶に立つ「NISMO」のメンバー。(左から)TEAM IMPULより転籍したブノワ・トレルイエ、さらに本山哲、飯嶋嘉隆監督、ミハエル・クルム、柳田真孝。 ほか日産系エントラントは、「HASEMI MOTOR SPORT(ロニー・クインタレッリ/横溝直輝)」「TEAM IMPUL(松田次生/セバスチャン・フィリップ)」「KONDO RACING(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/荒聖治)」。
挨拶に立つ「NISMO」のメンバー。(左から)TEAM IMPULより転籍したブノワ・トレルイエ、さらに本山哲、飯嶋嘉隆監督、ミハエル・クルム、柳田真孝。
ほか日産系エントラントは、「HASEMI MOTOR SPORT(ロニー・クインタレッリ/横溝直輝)」「TEAM IMPUL(松田次生/セバスチャン・フィリップ)」「KONDO RACING(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/荒聖治)」。
会場には、XANAVIカラーとカーボン素地むき出しの2台のGT-Rが飾られた。
【R35 NISSAN GT-R GT500のスペック】
全長×全幅=4800×2000mm、ホイールベース=2720mm、車重=1100kg、最高出力=500ps以上、最大トルク=52kgm以上、駆動方式=FR、前後タイヤサイズ=330/40R18、330/45R17
会場には、XANAVIカラーとカーボン素地むき出しの2台のGT-Rが飾られた。
【R35 NISSAN GT-R GT500のスペック】
全長×全幅=4800×2000mm、ホイールベース=2720mm、車重=1100kg、最高出力=500ps以上、最大トルク=52kgm以上、駆動方式=FR、前後タイヤサイズ=330/40R18、330/45R17

関連キーワード:
GT-R日産モータースポーツSUPER GT 07SUPER GT 08自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.5.9 試乗記 ジュネーブモーターショーでお披露目されたフェラーリのスペシャルモデル「488ピスタ」に公道とサーキットで試乗。モータースポーツで得た技術を注ぎ込んで徹底的な軽量化とパワーアップを果たした最新モデルは、圧倒的なスピードと走りの快感をあわせ持っていた。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
ホームへ戻る