「GT-R」でタイトル総ナメ!? 〜2008年日産モータースポーツ体制発表会から

2008.01.31 自動車ニュース

「GT-R」でタイトル総ナメ!? 〜2008年日産モータースポーツ体制発表会から

日産自動車とニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(NISMO)は2008年1月31日、2008年シーズンの「モータースポーツ活動体制発表会」を開いた。

■新たな「GT-R伝説」をつくる

2008年、日産がメインに取り組むモータースポーツカテゴリは、昨年に同じく「SUPER GT」。2004年から使ってきた「Z」に代えて新型「GT-R」で参戦するのが、最大のトピックだ。
「NISMO(XANAVI NISMO GT-R/本山哲、ブノワ・トレルイエ)」以下、総勢4チーム5台体制で、ここ2年遠ざかっているタイトル奪還を目指す。

日産系チーム全体を指揮するのは、昨シーズン同様、柿元邦彦総監督だ。
各チームのメンバーを順に紹介しつつ、新しいマシンにも言及。「空力、重心の低下、シャシー剛性向上など、開発に力を注いできました」「昨年のZは“直線番長”といわれたが、新しいGT-Rは、コーナリングマシンです!」と胸を張った。レギュレーションの変更でどのクルマも最高速が落ちる今シーズン、それが強みとなることを示唆してのコメントだ。
さらに、「既にマレーシアで行った合同テストを見るに、GT-Rが他車よりも一歩抜きん出ていると思われた」と自信を覗かせた。

また、日産のグローバルモータースポーツプログラムダイレクターをつとめる眞田裕一氏は、「R32、33、34と、11年で6回もチャンピオンになったGT-Rの復活だから、期待を感じる」としながら、「このR35で勝って、新たな伝説を作ります」。さらに、「トヨタ、ホンダと真の戦いを繰り広げることで、日本のモータースポーツを活性化させたい」と語気を強めた。

開幕の火蓋が切られるのは、3月14〜16日の第1戦「鈴鹿」。「チームとドライバーの両タイトルはもちろん、デビューウィンもGT-Rの使命だ」という柿元総監督の言葉どおりになるか、注目したいところだ。

■プライベーターの支援も

ワークス体制をとるSUPER GT(GT500)のほか、日産はプライベーターの支援にも取り組む。
ワンメイクの「マーチカップレース」やレーシングスクールを開催し、「SUPER GT GT300クラス」や「スーパー耐久シリーズ ST-1/ST-3」に参加する「Z」をサポート。また、若手ドライバー育成を目的とする「フォーミュラ・チャレンジ・ジャパン」に協賛し、エンジンのメンテナンス業務をNISMOが担当する。

海外では、2006年から「ティーダ」で参戦を続ける中国国内の最高峰レース「中国サーキット選手権」(China Circuit Championship)を支援。南アフリカの「オフロード選手権」(日産ナバラ)や「プロダクションカー選手権」(フェアレディZ)にも出場するとのことだ。

(webCG 関)

「XANAVI NISMO GT-R」と、日産のレーシングドライバーたち。
「XANAVI NISMO GT-R」と、日産のレーシングドライバーたち。
タイトル奪還への意欲を熱く語る、柿元邦彦総監督。
タイトル奪還への意欲を熱く語る、柿元邦彦総監督。
挨拶に立つ「NISMO」のメンバー。(左から)TEAM IMPULより転籍したブノワ・トレルイエ、さらに本山哲、飯嶋嘉隆監督、ミハエル・クルム、柳田真孝。 ほか日産系エントラントは、「HASEMI MOTOR SPORT(ロニー・クインタレッリ/横溝直輝)」「TEAM IMPUL(松田次生/セバスチャン・フィリップ)」「KONDO RACING(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/荒聖治)」。
挨拶に立つ「NISMO」のメンバー。(左から)TEAM IMPULより転籍したブノワ・トレルイエ、さらに本山哲、飯嶋嘉隆監督、ミハエル・クルム、柳田真孝。
ほか日産系エントラントは、「HASEMI MOTOR SPORT(ロニー・クインタレッリ/横溝直輝)」「TEAM IMPUL(松田次生/セバスチャン・フィリップ)」「KONDO RACING(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/荒聖治)」。
会場には、XANAVIカラーとカーボン素地むき出しの2台のGT-Rが飾られた。
【R35 NISSAN GT-R GT500のスペック】
全長×全幅=4800×2000mm、ホイールベース=2720mm、車重=1100kg、最高出力=500ps以上、最大トルク=52kgm以上、駆動方式=FR、前後タイヤサイズ=330/40R18、330/45R17
会場には、XANAVIカラーとカーボン素地むき出しの2台のGT-Rが飾られた。
【R35 NISSAN GT-R GT500のスペック】
全長×全幅=4800×2000mm、ホイールベース=2720mm、車重=1100kg、最高出力=500ps以上、最大トルク=52kgm以上、駆動方式=FR、前後タイヤサイズ=330/40R18、330/45R17

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GT-Rの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • 【デトロイトショー2017】スバル、2018年型「WRX/WRX STI」を発表 2017.1.6 自動車ニュース 富士重工業は2017年1月6日、北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、2018年型「スバルWRX/WRX STI」の米国仕様を公開すると発表した。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
ホームへ戻る