【スペック】全長×全幅×全高=4030×1685×1480mm/ホイールベース=2510mm/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブ(155ps/5500rpm、21.0mkg/5000rpm)

フィアット・グランデプント アバルト1.4ターボ(FF/6MT)【海外試乗記】

アバルトの復活 2008.01.31 試乗記 フィアット・グランデプント アバルト1.4ターボ(FF/6MT)

スペシャルチューンを施された特別なフィアット、「グランデプント アバルト」。155psのパワーを発生するホットモデルに『CAR GRAPHIC』大谷秀雄がイタリアで試乗した。

『CAR GRAPHIC』2007年12月号から転載。

健脚を手に入れた

アバルトは2008年暮れまでに、4モデルを矢継ぎ早に発表する。まずグランデ・プント・アバルトが先鋒役を務めた後、2008年初頭に同“エッセエッセ”が登場、つづいて500アバルト、そして年末までに同“エッセエッセ”がリリースされるという。エッセエッセ(esse esse)とは、「Super Sport」の頭文字SSの伊語であり、その昔500アバルトの高性能版として存在したことはご存知だろう。

グランデ・プント・アバルトの心臓部は、プント1.4 16V SportのDOHC直列4気筒をIHI製固定ジオメトリーターボで武装して、いっきに155psまで出力をアップさせたものだ。ユニークなのはオーバーブースト・ボタンが備わることで、最大過給圧は通常1.1barのところオーバーブースト時は1.6barまで高まる。これは3000rpmから作用してボタンを押している間、最大トルクを21.0mkgから23.5mkgへ増強させるのだ。同時に電動パワーステアリングへも作用して、ギアリングが速まったかのようなスポーティな操舵感を与えるセッティングに変化する。

試乗はバロッコのテストコースで行なわれたので、日本の一般道でしか乗ったことのない標準型と比較することは難しいが、前スプリングが20%高められて車高も10mm低くなり、またスタビライザー径もアップ(19mm)、ダンパーはイタリアのCofap製に変更されているという足回りは、それでもプント本来の持ち味であるソフトな当たりと、ストロークの長さを失っていないのが嬉しい。大きめの姿勢変化、しかしそうすることで4輪のグリップを稼ぐセッティングは相変わらず貫かれている。

標準型と異なるとすれば、よりダンピングが効かされたことで、ネットリと油の中を泳ぐような挙動となってコントロール性が上がっていること。ただしステアリングの反応を闇雲に速めるような愚は冒していないから、ご安心を。最高速208km/hで、0−100km/hを8.2秒でこなすこのモデル、サーキットで全力疾走させても破綻を来すことのない、健脚を手に入れたといえるだろう。

赤いステッチ入りの黒革で覆われたステアリングホイールとシフトノブ、大型ハイバックシート、センターコンソールにカーボン調パネルが張られる。スピードとタコメーターの間に備わるのは過給圧計。スコーピオンのエンブレムが助手席前のダッシュボードに入る。
赤いステッチ入りの黒革で覆われたステアリングホイールとシフトノブ、大型ハイバックシート、センターコンソールにカーボン調パネルが張られる。スピードとタコメーターの間に備わるのは過給圧計。スコーピオンのエンブレムが助手席前のダッシュボードに入る。
フィアット・グランデプント アバルト1.4ターボ(FF/6MT)【海外試乗記】の画像
フィアット・グランデプント アバルト1.4ターボ(FF/6MT)【海外試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る