プジョー207CC、装い改めシック&スポーティーに

2012.02.02 自動車ニュース

「プジョー207CC」、装い改めシック&スポーティーに

プジョー・シトロエン・ジャポンは、「プジョー207CC」の仕様を変更し、2012年2月2日に発売した。

今回、車体前後とホイールキャップ、ステアリングホイールなどにあるライオンエンブレムが、新デザインのものにあらためられた。

さらにブラックのメーターやスポーツタイプの革巻きステアリングホイールが採用されたほか、ルーフとピラーの内張りは、これまでのグレーからブラックに変更。インテリアは、よりシックでスポーティーな装いになった。

価格は据え置きで、「207CC Premium」が299万円、「207CC Griffe」が334万円。
ハンドル位置は右のみ。ボディーカラーは新色パール・ブルーをはじめ、ビアンカ・ホワイト、シャーク・グレー、オブシディアン・ブラック、アデン・レッドの全5色が用意される。

(webCG 関)

「プジョー207CC」
「プジョー207CC」

プジョー207CC、装い改めシック&スポーティーにの画像
ブラックを基調にシックなイメージが強められた、インテリアの様子。
ブラックを基調にシックなイメージが強められた、インテリアの様子。

関連キーワード:
207プジョー207シリーズ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラール ファーストエディション(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.9.2 試乗記 「レンジローバー」ファミリーに新たに4番目のモデルが追加された。その名は「ヴェラール」。優雅なスタイリングが自慢のニューフェイスの“フィジカル”を、ノルウェーのオンロードとオフロードで試した。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • BMW 540i xDriveツーリング Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.9.6 試乗記 2017年春に世界初公開された新型「BMW 5シリーズ ツーリング」のデリバリーが国内でスタート。その走りや使い勝手はどれほどのものか、最上級モデル「540i xDriveツーリング Mスポーツ」で確かめた。
ホームへ戻る