アルファ147にコダワリのモデル追加

2008.01.30 自動車ニュース
アルファ147にコダワリのモデル追加

アルファ147にコダワリのモデル追加

フィアット グループ オートモービルズ ジャパンが、「アルファ147」に新グレードと特別仕様車を追加し、2008年2月2日に発売すると発表した。

アルファ147 スポルティーバII
アルファ147 スポルティーバII
アルファ147 コレッツィオーネ
アルファ147 コレッツィオーネ
アルファ147 コレッツィオーネ
アルファ147 コレッツィオーネ

■スポーティ仕様と豪華仕様が追加

ラインナップに加えられることとなったのは、「アルファ147 スポルティーバII」と「アルファ147 コレッツィオーネ」の2車種。いずれも2.0ツインスパーク+セレスピード(セミオートマ)、5ドア、右ハンドル仕様となる。

スポルティーバIIの専用装備は、アルミマット仕上げのフロントグリルやフロントエアインテーク、専用デザインの17インチアロイホイールなど。このほかスポーツサスペンションやキセノンヘッドライト、スモーク仕上げのリアコンビネーションランプも装備される。内装は、専用ブラックメーターやアルミ製スポーツペダル、ブラック基調インテリアにより、スポーティな雰囲気が高められた。

コレッツィオーネは豪華内装を特徴とするモデルで、ブラック/クリーム、またはベージュ/クリームを基調とする専用のインテリアを採用、メーターパネルも内装色に合わせてコーディネートされる。このほか専用デザインの17インチアロイホイールやキセノンヘッドライトなど、装備がグレードアップされる。

価格は、スポルティーバII、コレッツィオーネともベース車の24万円高、338万円となる。

アルファ147 C'N'C
アルファ147 C'N'C
アルファ147 C'N'C
アルファ147 C'N'C
成約車特典のC'N'Cオリジナルバッグ
成約車特典のC'N'Cオリジナルバッグ

■ファッションデザイナーが生んだコラボモデル

上記2グレードとは別に、イタリアンデザイナー「エンニョ・カパサ」氏とのコラボレーションから生まれた「アルファ147 C'N'C」が特別仕様車として設定される。発売日はこちらも2008年2月2日。世界限定1000台のうち、日本には100台が割り当てられる。

デザインを手掛けたエンニョ・カパサ氏は、80年代に東京で山本耀司氏に師事したというイタリアのファッションデザイナー。その後、“CoSTUME NATIONA”(コスチューム・ナショナル)を展開、セカンドラインとして「C'N'C」(シーエヌシー)をプロデュースする。

そのC'N'Cブランドのエッセンスが採り入れられた「アルファ147 C'N'C」は、アイスホワイト(標準色)のボディカラーに専用のシャインブラックのドアミラーを組み合わせた、コントラストを強めた外観が特徴。また17インチアロイホイールもこのクルマ専用のデザインだ。このほかスモーク仕上げのリアコンビランプやリアルーフスポイラーなどスポーティなアイテムが備わる。

内装は、専用のアルカンターラ仕上げのブラックインテリアトリムが設定され、エレガントな雰囲気が高められた。このほか「C'N'C」専用フロアマットや専用バッジ、キセノンヘッドライトなどが特別装備されるほか、オーナーには特典として、専用ロゴをあしらったオリジナルバッグ(シリアルナンバー入り)が贈られる。

価格は、ベース車の16万円高、330万円。

(webCG 曽宮)

関連記事
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(前編)】 2017.5.11 試乗記 外部から充電できるハイブリッド車「トヨタ・プリウスPHV」と、エンジンで発電した電力を使って走る「日産ノートe-POWER」。今が旬のエコカー2台をさまざまな道で乗り比べ、運転感覚や使い勝手の違いを詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
ホームへ戻る