新型メルセデス・ベンツCLCがフォトデビュー

2008.01.29 自動車ニュース
新型メルセデス・ベンツCLCがフォトデビュー

新型メルセデス・ベンツCLCがフォトデビュー

メルセデス・ベンツの新型コンパクトクーペ「CLCクラス」が本国で発表された!


新型メルセデス・ベンツCLCがフォトデビューの画像

新型メルセデス・ベンツCLCがフォトデビューの画像

■外装やエンジン、ステアリングシステムなどを一新

独メルセデス・ベンツが、Cクラス スポーツクーペの後継にあたる「CLC」クラスの写真と概要を発表した。同モデルは、欧州では2008年6月から順次市場に投入される模様だ。

外観、特にフロントマスクは、新型Cクラスのデザインを踏襲する。ただし、ベースとなったのは新型Cクラスではなく現行のCクラス スポーツクーペで、1100箇所に及ぶ部品を新規に開発または改良し、イメージを刷新した。

外板パネルは、前後バンパー、ボンネット、グリル、フロントフェンダー、リアハッチなどがニューデザインとなる。またホイールやリアコンビランプも新しい。なお、トランク容量は最大1100リッターと公表される。この数値は現行モデルと共通だ。


新型メルセデス・ベンツCLCがフォトデビューの画像

新型メルセデス・ベンツCLCがフォトデビューの画像

メカニズム面では、新しいラック&ピニオンステアリングを採用し、俊敏なハンドリング性能が追求された。新型Cクラスでは“アジリティ”がハンドリング性能のコンセプトとなっていることから、おそらくCLCクラスでも、その乗り味に近い感覚が追求されたと思われる。具体的には、車速感応式のステアリングシステムに可変ギアレシオ機構を組み合わせ、スポーティ感が高められている。

エンジンは、新型Cクラスと同様の新世代ユニットが搭載される。4気筒シリーズがCLC180コンプレッサー(143ps)、CLC200コンプレッサー(184ps)、CLC200 CDI(122ps)、CLC220 CDI(150ps)の4種類。V6シリーズはCLC230(204ps)とCLC350(272ps)の2種類。トランスミッションは本国では6段マニュアルが標準で、7段ATがオプションとして設定される。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC350eアバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.8 試乗記 メルセデス・ベンツのコンパクトセダン「Cクラス」に、プラグインハイブリッドモデル「C350eアバンギャルド」が登場。EVモードの使い勝手やパワートレインの感触を含めた、走りの印象を報告する。
  • メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
ホームへ戻る