新型メルセデス・ベンツCLCがフォトデビュー

2008.01.29 自動車ニュース

新型メルセデス・ベンツCLCがフォトデビュー

メルセデス・ベンツの新型コンパクトクーペ「CLCクラス」が本国で発表された!

■外装やエンジン、ステアリングシステムなどを一新

独メルセデス・ベンツが、Cクラス スポーツクーペの後継にあたる「CLC」クラスの写真と概要を発表した。同モデルは、欧州では2008年6月から順次市場に投入される模様だ。

外観、特にフロントマスクは、新型Cクラスのデザインを踏襲する。ただし、ベースとなったのは新型Cクラスではなく現行のCクラス スポーツクーペで、1100箇所に及ぶ部品を新規に開発または改良し、イメージを刷新した。

外板パネルは、前後バンパー、ボンネット、グリル、フロントフェンダー、リアハッチなどがニューデザインとなる。またホイールやリアコンビランプも新しい。なお、トランク容量は最大1100リッターと公表される。この数値は現行モデルと共通だ。

メカニズム面では、新しいラック&ピニオンステアリングを採用し、俊敏なハンドリング性能が追求された。新型Cクラスでは“アジリティ”がハンドリング性能のコンセプトとなっていることから、おそらくCLCクラスでも、その乗り味に近い感覚が追求されたと思われる。具体的には、車速感応式のステアリングシステムに可変ギアレシオ機構を組み合わせ、スポーティ感が高められている。

エンジンは、新型Cクラスと同様の新世代ユニットが搭載される。4気筒シリーズがCLC180コンプレッサー(143ps)、CLC200コンプレッサー(184ps)、CLC200 CDI(122ps)、CLC220 CDI(150ps)の4種類。V6シリーズはCLC230(204ps)とCLC350(272ps)の2種類。トランスミッションは本国では6段マニュアルが標準で、7段ATがオプションとして設定される。

(webCG 曽宮)

新型メルセデス・ベンツCLCがフォトデビューの画像

新型メルセデス・ベンツCLCがフォトデビューの画像

新型メルセデス・ベンツCLCがフォトデビューの画像

新型メルセデス・ベンツCLCがフォトデビューの画像

新型メルセデス・ベンツCLCがフォトデビューの画像

関連キーワード:
Cクラス セダンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツCクラス セダン/ステーションワゴン/クーペ/カブリオレ【海外試乗記】 2018.6.29 試乗記 4代目になってから5年目、「メルセデス・ベンツCクラス」が大幅改良。外観の変化は少ないが、パワーユニットはガソリン・ディーゼルともに一新。セダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレの4ボディーすべてのモデルにルクセンブルグで試乗した。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • マツダ・アテンザセダン25S Lパッケージ/アテンザワゴンXD Lパッケージ【試乗記】 2018.7.12 試乗記 マツダの旗艦モデル「アテンザ」が、現行世代では過去最大といわれるほどの大幅改良を受けた。内外装のデザインや仕立てはもちろん、エンジン、ボディー、足まわりと、クルマを構成するあらゆる箇所がブラッシュアップされた最新モデルの出来栄えを確かめた。
  • 第1回:検証“2リッター・カマロ”の魅力と実力 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 50年を超える歴史を持つ、アメリカを代表するスペシャリティーカー「シボレー・カマロ」。その魅力を探るべく、2リッターの高出力ターボエンジンを積んだコンバーチブルでツーリングを実施。今どきのアメリカ車だけに許された、豊かな味わいに触れた。
ホームへ戻る