「マツダ・アテンザ」が2代目へ、Zoom-Zoomがさらに進化

2008.01.29 自動車ニュース

「マツダ・アテンザ」が2代目へ、Zoom-Zoomがさらに進化

マツダは2008年1月29日、ミディアムクラスの「アテンザ」をフルモデルチェンジし、同日販売を開始した。

■進化したグローバルカー

「Zoom-Zoom」というキャッチフレーズを登場させた2002年の5月に、新生マツダを象徴するクルマとしてデビューした「アテンザ」がフルモデルチェンジし、2代目として生まれ変わった。
日本にさきがけ、2007年9月の独フランクフルトショーで「Mazda6」としてお披露目されたことからも、先代に引き続き世界市場を強く意識したグローバルカーといえよう。

「Zoom-Zoom Evolution」を合言葉として開発された新型は、「魅力的なスタイリング」や「卓越した運動性能」をアピールした従来型の個性を受け継ぎつつ、快適性や環境・安全性能の向上などがはかられた。

ボディタイプはセダン、スポーツ(5ドアハッチバック)、ワゴンと従来同様のラインナップ。先代に対してホイールベースをのばすとともに、体躯を大きくした。
エンジンラインナップは2リッターと新開発2.5リッターの2本立て。トランスミッションはいずれも5段AT(4WD車は6段AT)が組み合わされる。

価格はセダンが207.0〜250.0万円、スポーツが228.0〜267.0万円、ワゴンが220.0〜267.0万円。シリーズ全体で、月に1500台の販売を計画する。

■デザインキューは「日本の美意識」

FFセダンを例にとると、ボディサイズは全長×全幅×全高=4735(先代比+60)×1795(同+15)×1440(同+10)mmと一回り拡大され、ホイールベースは2725(同+50)mmも延長された。

エクステリアデザインは、「日本の美意識」を採り入れつつ、張り出したホイールアーチや短いオーバーハングなどで、よりスポーティにされたと謳われる。
フロントタイヤ前に備わる馬蹄形のディフレクターやアンダーパネルなどで、空力性能の向上も図られ、クラストップレベルのCd値0.27(ワゴンは0.28)を誇る。
インテリアも同様に、スポーティさをより洗練したとされ、同時にパネル素材やシボなどで上質感のアップをねらった。

シートバックと連動して座面が沈み込む、リアシートのユニークな仕掛け「カラクリフォールド」は、初代から引き継がれた。
トランクルームはセダンで519リッター、スポーツが510リッターの容量(いずれもVDA法)。さらにワゴンではトランク容量のほかに、頻繁に使われるハッチゲート側の床面を広く採るなど、使い勝手も考慮されている。リアゲートの開閉と連動して動く「カラクリトノボード」も採用された。

■レギュラーガソリン仕様で、燃費も向上

エンジンは、オールアルミ製直4のMZRユニットが2種ラインナップされる。
2.5リッターは従来の2.3リッターに置き換わるもので、最高出力170ps/6000rpm、最大トルク23.0kgm/6000rpm(4WDは166ps、22.9kgm)を発生。パワーアップを果たしただけでなく、レギュラーガソリン仕様としたうえ、2.3リッターより燃費も向上した。さらにピストンやコンロッドの軽量化により、エンジンの騒音低減が図られた。2リッターは基本的に従来型を踏襲。最高出力150ps/6500rpm、最大トルク18.6kgm/4500rpmは変わらないものの、吸排気系の見直しで、フラットなトルク特性となった。

FF車には5段、4WD車には6段のオートマチックトランスミッションが組み合わされる。いずれも勾配や走行シーンを判別して、最適な変速制御を行うAAS(アクティブ・アダプティブ・シフト)を備え持つ。
スポーツとワゴンの上位グレード「25Z」と「25S」には6段MTも用意される。

■パワステは電動式に

サスペンション形式は基本的に従来型を踏襲したもので、フロントにダブルウィッシュボーン式を、リアにマルチリンク式を採用。フロントサス部にサブフレームとボディのマウントを増設したことで、ハンドリング性能をアップさせながら、ロードノイズの低減や乗り心地の向上が実現したという。
パワステはRX-8用をベースとする電動式に変更された(4WD車は油圧式)。この改良はステアリングフィールの向上だけでなく、燃費向上にも寄与する。

アンチスピンデバイスたるDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)&TCS(トラクションコントロールシステム)は、2.5リッター車に標準装備(2リッターはオプション)。ブレーキローターやマスターシリンダーは大型化され、重量増やパワーアップに対応した。

■国内初の後側方車両検知システムを搭載

安全面でのトピックは、すでに搭載が発表された安全技術「リアビークルモニタリングシステム」。左右車線の後方から接近するクルマをレーダーモジュールで検知し、Aピラー根元のLEDを使ってドライバーに知らせるもので、検知時にウインカーを動かすと、LEDが点滅、警報が鳴り、安全確認を促す仕組みである。
前走車との距離を保ちながら追従走行ができる「マツダレーダークルーズコントロールシステム」とともに、上級グレードにオプション設定される。

衝突時にブレーキペダルが折れてドライバーの下肢を守る「クラッシャブルブレーキペダル」や、後突時に頚部への負担を減らす「フロントアクティブヘッドレスト」も全グレードに与えられた。
SRSフロントサイドエアバッグ/カーテンエアバッグは全車オプション設定。

■CF-Netで視線移動を少なく

装備面での新機軸には「CF-Net(Cross Functional-Network)があげられる。これは、オーディオとドライビングインフォメーション、エアコンを一か所で操作、確認ができるインターフェース。ステアリングホイール上にコントローラー、インパネ上方にインフォメーションディスプレイを設置することで、視線移動が少なく、かつわかりやすい操作性が実現されたとアピールされる。

花粉除去フィルターの付いたフルオートエアコンは、左右独立で調整可能。その他快適装備として、プッシュボタン式のエンジンスターターを備えたキーレスエントリーや、アテンザ専用設計のBOSEサウンドシステム、トヨタ提供のカーテレマティクス「G-BOOK ALPHA」に対応した、HDDナビゲーションシステムもオプションで用意される。

(webCG 本諏訪)

「アテンザセダン」
「アテンザセダン」
「アテンザスポーツ」
「アテンザスポーツ」
「アテンザスポーツワゴン」
「アテンザスポーツワゴン」
ワゴンに新採用された「カラクリトノボード」は、ハッチの開閉に応じて自動的に動くため、わずらわしいトノボードの開閉作業が不要になる。
ワゴンに新採用された「カラクリトノボード」は、ハッチの開閉に応じて自動的に動くため、わずらわしいトノボードの開閉作業が不要になる。
経済性に配慮されたという「MZR 2.5Lエンジン」。
経済性に配慮されたという「MZR 2.5Lエンジン」。
ハイマウントダブルウィッシュボーン式フロントサスペンション
ハイマウントダブルウィッシュボーン式フロントサスペンション
 
「マツダ・アテンザ」が2代目へ、Zoom-Zoomがさらに進化の画像
 
「マツダ・アテンザ」が2代目へ、Zoom-Zoomがさらに進化の画像

関連キーワード:
アテンザセダンアテンザワゴンマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.3 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)/BMW 320dツーリング スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けて、より上質に磨き込まれた「マツダ・アテンザ」。しかし安穏とはしていられない。なぜならそこには強敵であるヨーロッパのプレミアムカーが立ちはだかっているからだ。例えば、走りへのこだわり。この点にかけては人後に落ちない「BMW 3シリーズ」と対面したときに、アテンザは一体どれだけ独自の個性を主張できるのだろうか。比較テストを試みた。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【レビュー】 2017.11.6 試乗記 トヨタの本格オフローダー「ランドクルーザープラド」がマイナーチェンジ。ただしその変化は、モデルライフ半ばの化粧直しだけにあらず。試乗してみると、走りにもランクルらしい改良の成果が表れていた。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記
  • マツダ・アテンザセダン25S Lパッケージ(FF/6AT)/アテンザワゴン... 2012.12.29 試乗記