「トヨタ・アクア」の受注が12万台に

2012.02.02 自動車ニュース

「トヨタ・アクア」の受注が早くも12万台に

トヨタ自動車は2012年2月1日、新型ハイブリッドカー「アクア」の受注台数が、2011年12月26日の発売から約1カ月後の2012年1月31日までで、約12万台に達したと発表した。同車の月販目標台数は1万2000台。受注台数は早くも10倍に達したことになる。

トヨタは「アクア」が好評を得ている点として、世界トップの燃費性能(JC08モード値)、コンパクトなボディー、ゆとりある室内空間、ゆったりサイズのフロントシート、ヘッドクリアランスや膝まわりに余裕があるリアシートなどを挙げている。

生産は関東自動車工業の岩手工場で行われており、「できるだけ早くアクアをお届けできるよう、関係者は一丸となって生産に取り組んでいる」(トヨタ)とのことだ。

(webCG 竹下)

「トヨタ・アクア」
「トヨタ・アクア」

関連キーワード:
アクアトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー 2017.6.23 画像・写真 モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • トヨタGRシリーズ試乗会(後編)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 トヨタが新たに展開するコンプリートカー「GR」シリーズにサーキットで試乗。前編に続いては、ミニバンからセダン、SUVに至るまで、多くの車種で展開されるスポーツモデル“GRスポーツ”の走りを、モデルごとに報告する。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
ホームへ戻る