【スペック】35TL:全長×全幅×全高=4940×1845×1475mm/ホイールベース=2800mm/車重=1600kg/駆動方式=FF/3.5リッターV6SOHC24バルブ(280ps/6200rpm、34.9kgm/5000rpm)/価格=330万円(テスト車=363万6000円/ナビゲーションシステム=33万6000円)

ホンダ・インスパイア 35TL(FF/5AT)/35iL(FF/5AT)【試乗速報】

誇れる仕上がり 2008.01.29 試乗記 ホンダ・インスパイア 35TL(FF/5AT)/35iL(FF/5AT)
……363万6000円/412万2000円

ホンダのセダン「インスパイア」に5代目が登場。車体、エンジンとも拡大して乗り味はどう変わったのか? その実力を試した。

ホンダらしい

「インスパイア」は、北米向けアコードとして開発された、ホンダの上級セダンである。ホンダらしい技術的特徴として、3.5リッターV6エンジンは、走行負荷によって6気筒、4気筒、3気筒と変化する「可変シリンダーシステム」を採る。
また、北米を意識させられる点は、このクラスで唯一レギュラーガスが指定されていることだ。日本と違い、良質なハイオクガスがどこでも安定供給されるとは限らない北米でも、経済的な燃費と280psの高性能が約束される設定である。もちろんわが国でも、価格の安いレギュラーガスは経済性に貢献するが、ハイオクを使った場合、さらに“走り代”が伸びるかどうか興味深いところだ。

85mm延びて5mを若干切る程度の長く大きな車体は、前後を絞り込みコーナー部分を削ぎ落としたデザインにより、数値ほど大きく見せないことに成功している。また走り出せば、フルロック2回転半の可変ギアレシオ(VGR)によるステアリングと相まって、車体の動き出しは縦方向も横方向もなかなか軽快である。
VGRはアメリカ流の設定で、切りはじめの中央部はユックリ目で、舵角を増すに従い鋭く切れ角を増すタイプ。操舵感は自然であり挙動も洗練されている。エンジンの気筒数可変も、作動感を気づかせないほどスムーズに移行するもので、ホンダの製品としての、機械加工物の高精度ぶりを見せつける。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インスパイアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・インスパイア 35TL(FF/5AT)/35iL(FF/5AT)【試乗速報】 2008.1.29 試乗記 ホンダ・インスパイア 35TL(FF/5AT)/35iL(FF/5AT)
    ……363万6000円/412万2000円

    ホンダのセダン「インスパイア」に5代目が登場。車体、エンジンとも拡大して乗り味はどう変わったのか? その実力を試した。
  • ホンダ・インスパイア アバンツァーレ(5AT)【試乗記】 2003.7.19 試乗記 ホンダ・インスパイア アバンツァーレ(5AT)
    ……402.0万円

    見かけはオートドクスなセダンながら、「自動運転(ほか)」に向けての先進技術を満載したホンダの新しい「インスパイア」。横浜で開催されたプレス試乗会に、『webCG』記者が参加した。


  • ホンダ・インスパイア30TL(5AT)【試乗記】 2003.8.14 試乗記 ホンダ・インスパイア30TL(5AT)
    ……324.0万円

    プリセーフティーをはじめ、ハイテク満載で登場したホンダのフラッグシップ「インスパイア」。片バンク休止機能を搭載する、新しいV6に感心した『webCG』エグゼクティブディレクターだが……。


  • ホンダ・インスパイア アバンツァーレ(5AT)【ブリーフテスト】 2004.3.16 試乗記 ……382.0万円
    総合評価……★★★

    走行状況に合わせてV型6気筒の片バンクを停止し、省燃費を実現したホンダのサルーン「インスパイア」。ドライバー補助システム「HiDS」、プリクラッシュセーフティなど、数々のハイテクを搭載するトップグレード「アバンツァーレ」を、自動車ジャーナリストの生方聡がテストした。


  • ホンダ・インスパイア 35TL 2007.12.20 画像・写真 2007年12月19日にデビューしたセダン、5代目「ホンダ・インスパイア」の姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る