お台場に550台もの旧車が集まった〜「ニューイヤーミーティング」開催

2008.01.28 自動車ニュース

お台場に550台もの旧車が集まった〜「ニューイヤーミーティング」開催

2008年1月27日、東京・お台場で、JCCA(日本クラシックカー協会)主催の新春恒例のヒストリックカーイベント「ニューイヤーミーティング」が開かれた。

■過去最高の出展台数

1977年の初回から数えて32回目の開催となる「ニューイヤーミーティング」。このところ東京地方は、暖冬の予報を裏切る寒い日が続いているが、この日も朝から快晴に恵まれたものの、最高気温は10度に満たない寒い一日だった。にもかかわらず、会場となった東京・お台場の青海臨時駐車場には、早朝から多くの旧車好きが集まった。

1979年までに生産された車両および同型車という参加規定に沿った個人オーナーの出展台数は計353台。昨年の329台に続いてまたもや最高記録を更新したが、これにフリーマーケットやクラブスタンド、オートジャンブル(業者によるスタンド)の出展車両を加えると、じつに550台以上の旧車が会場内に集う盛況ぶり。

■テーマカーはトヨタ

このイベントでは、毎回ひとつのメイク(メーカー)をフィーチャーしてコンクールデレガンスを実施しているが、今回のテーマカーはトヨタ車。ついに生産台数世界一となったトヨタだが、旧車の世界における人気はいまいちで、伝統的に輸入車より日本車が優勢であるこのニューイヤーミーティングでも、例年ならば参加台数、存在感ともに国産旧車界の最大派閥である日産勢の後塵を拝していた。だがテーマカーとなった今回は84台を数え、個人出展に限っていえば日産の73台を抜いてトップシェアを占めた。

これらのトヨタ車が上乗せされたこともあって出展台数が過去最高となったわけだが、中にはこのイベントに初めて参加した希少なモデルもあり、ギャラリーはもちろんのこと、目の肥えた常連参加者や我々のような取材陣をも楽しませてくれた。

ところで、出展車数の増加もさることながら、2003年から使われているこの会場が東京の観光名所として定着したお台場、フジテレビ本社の近くということもあってか、ギャラリーの数も年々増えているように感じる。「若者のクルマ離れ」が叫ばれるいっぽうで、旧車趣味人、および自分で所有するまでは至らないものの、興味を抱くファンの人口は増えているのだろうか?

(文と写真=田沼 哲)


お台場に550台もの旧車が集まった〜「ニューイヤーミーティング」開催の画像
コンクールでも受賞していたが、個人的にも「ベスト・オブ・ショー」を差し上げたいのが、この初代トヨタ・コルサ(1981)。トヨタ初のFF車だが、珍重されない大衆車だけに現存台数はごく少なく、筆者自身イベントなどで見かけたのはこれが初めて。しかも程度極上のワンオーナー車。大氣(おおき)澄子さんが、息子さんの良介さんとともにエントリー。
コンクールでも受賞していたが、個人的にも「ベスト・オブ・ショー」を差し上げたいのが、この初代トヨタ・コルサ(1981)。トヨタ初のFF車だが、珍重されない大衆車だけに現存台数はごく少なく、筆者自身イベントなどで見かけたのはこれが初めて。しかも程度極上のワンオーナー車。大氣(おおき)澄子さんが、息子さんの良介さんとともにエントリー。
「多摩5」のシングルナンバー付き1965年式トヨペット・コロナ1500デラックス(3代目コロナ)を、3年落ちで購入して以来40年間乗り続けている伯母(おば)定夫さん。夫人、息子さん一家と3世代揃って来場。かつてはファミリーカーの代名詞的存在だったコロナにふさわしい、心温まる光景である。
「多摩5」のシングルナンバー付き1965年式トヨペット・コロナ1500デラックス(3代目コロナ)を、3年落ちで購入して以来40年間乗り続けている伯母(おば)定夫さん。夫人、息子さん一家と3世代揃って来場。かつてはファミリーカーの代名詞的存在だったコロナにふさわしい、心温まる光景である。
映画『ALWAYS三丁目の夕日』などの影響もあってか、一般的にもその存在が知られるようになった懐かしの軽三輪トラック。もっともメジャーなのはダイハツ・ミゼットだが、この2車は車名を即答できたらCAR検1級超(?)というくらいの代物。左の三菱ペットレオ(1961)は現存台数が10台前後、右がホープスターSM(1961)はひとケタではないかと思われる激レア車である。
映画『ALWAYS三丁目の夕日』などの影響もあってか、一般的にもその存在が知られるようになった懐かしの軽三輪トラック。もっともメジャーなのはダイハツ・ミゼットだが、この2車は車名を即答できたらCAR検1級超(?)というくらいの代物。左の三菱ペットレオ(1961)は現存台数が10台前後、右がホープスターSM(1961)はひとケタではないかと思われる激レア車である。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。