マツダ デミオに3ドア版登場【ジュネーブショー08】

2008.01.28 自動車ニュース

【ジュネーブショー08】マツダ デミオに3ドア版登場

マツダは、2008年3月初旬に開幕するジュネーブモーターショーに、「デミオ」の3ドアバージョンを出展すると発表した。

■海外市場向けのエントリーグレード

2007年3月のジュネーブショーで、5ドアボディで登場したマツダ デミオ。その1年後の同じショーで、3ドアモデルがデビューすることとなった。

3ドア版は、欧州をはじめとする海外市場向けに開発されたモデル。5ドアより安価な設定とすることで、新たな顧客獲得を目指すとしている。エンジンには、1.3リッター、1.5リッターの2種類のガソリン仕様に加え、クリーンな排ガス性能を追求した1.4リッター コモンレールディーゼルターボが設定される。

なお、ジュネーブショーでは、デミオ3ドア仕様のほか、東京モーターショーやデトロイトショーで発表された「マツダ大気」や「マツダRX-8」マイナーチェンジモデルの出展が予定されている。

(webCG 曽宮)

マツダ デミオに3ドア版登場【ジュネーブショー08】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デミオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • マツダが「デミオ」を一部改良、特別仕様車も設定 2016.10.14 自動車ニュース マツダがコンパクトカーの「デミオ」を一部改良。内外装の仕様を変更するとともに、運転支援システムの設定を大幅に強化した。また、エンジンのトルク制御で車両の操縦安定性能や快適性を高める「Gベクタリングコントロール」を新たに採用した。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
ホームへ戻る