【スペック】全長×全幅×全高=4726×1795×1439mm/ホイールベース=2765mm/車重=1730kg/駆動方式=FR/6.2リッターV8DOHC32バルブ(457ps/6800rpm、600Nm/5000rpm)/価格=1020万円

メルセデス・ベンツC63 AMG(FR/7AT)【海外試乗記】

過激な末弟、現わる 2008.01.28 試乗記 メルセデス・ベンツC63 AMG(FR/7AT)
……1020万円(車両本体価格)

新型Cクラスのコンパクトボディに、6.2リッターV8エンジンが搭載される「C63 AMG」。『CG』八木亮祐が本国ドイツで試乗した。

『CAR GRAPHIC』2007年12月号から転載。
AMGではお馴染み、エンジンを手作業で組み上げたメカニックのサイン入りプレートである。ここ数年、AMGは年産2万台程度をキープしているが、現場の話を聞くと、これ以上の増産は無理そう。
メルセデス・ベンツC63 AMG(FR/7AT)【短評】

ハイパフォーマンスの代名詞

ついにやってしまったか。AMG独自設計の“63AMGエンジン”が完成し、それをメインユニットに据えると発表した今、あえて古いSOHCの“55AMGエンジン”を積む理由などどこにもない。そう分かっていても、コンパクトなCクラスのボディに、S63AMGなどと同じ6リッターオーバーのV8が積まれた様を見れば、やはり驚かずにはいられない。AMG兄弟の過激な末弟、メルセデス・ベンツC63AMGの実力を、速度無制限のアウトバーンとのどかなカントリーロードで探ってきた。

メルセデスC63AMGのワールドプレミア発表は、先のフランクフルト・ショーである。しかしながら11月号のリポートでも分かるとおり、今年のショーはエコ一色。いかに設計年次が新しく、エミッション性能が改善されたとはいえ、絶対的に排気量が大きいモデルは二酸化炭素排出量ではどうしたって分が悪い。そういうこともあってか、環境対応への所信表明のようなプレス発表にあっては、その文脈にふさわしくないと判断されたのか、C63AMGはひっそりと展示発表されるに留まった。しかしそうは言っても高級車ブランドを見渡せば、環境色の裏でハイパフォーマンス合戦は沈静化するどころかむしろ熾烈さを増す一方。数年前ならばこのC63AMG、華々しく壇上に上がるに値するモデルだったはずだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC350eアバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.8 試乗記 メルセデス・ベンツのコンパクトセダン「Cクラス」に、プラグインハイブリッドモデル「C350eアバンギャルド」が登場。EVモードの使い勝手やパワートレインの感触を含めた、走りの印象を報告する。
  • メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
ホームへ戻る