スズキ、インドで「スイフトセダン」発売

2012.02.02 自動車ニュース
マルチ・スズキ社での「スイフトセダン」発表会
スズキ、インドで「スイフトセダン」発売

スズキ、インドで「スイフトセダン」発売

スズキのインド子会社であるマルチ・スズキ・インディアは2012年2月1日、新型「スイフトセダン」(現地名「スイフト ディザイア」)を発売した。

「スイフトセダン」
スズキ、インドで「スイフトセダン」発売

新型「スイフトセダン」は、ハッチバック仕様の「スイフト」とプラットフォームを共用している。搭載されるエンジンは1.3リッターディーゼルと1.2リッターガソリンで、ガソリンモデルには新たにAT車が設定された。燃費が向上しているほか、オーディオスイッチ付きステアリングホイール、フルオートエアコン、運転席および助手席SRSエアバッグ、ABSなど装備品は充実しているが、価格は抑えたという。

インド市場では、「スイフトセダン」は先代型にも設定されていた。コストパフォーマンスに優れたセダンの購入を検討しているエントリー層や、セダンタイプへの乗り換え組に向けて2008年3月に発売され、これまで同国内で30万台以上が販売されてきた。

生産はマルチ・スズキのマネサール工場で行われる。同工場では「スイフト」や「SX4セダン」が生産されている。

(webCG 竹下)

関連キーワード:
スイフトスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキが新型「スイフトスポーツ」を発表 2017.9.13 自動車ニュース スズキが4代目「スイフトスポーツ」を発表。“Ultimate Driving Excitement”をテーマに開発された新型は、軽量・高剛性プラットフォームの採用により70kgの軽量化を果たすとともに、パワフルな1.4リッター直噴ターボを搭載。走りと燃費を同時に高めている。
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2012.3.13 試乗記 スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)
    ……174万3000円

    従来型ではMT仕様の販売比率が7割に上ったという「スイフトスポーツ」。これはスポーツカー好きのノスタルジアか? それとも現実派のロジカルな選択か? ワインディングロードで考えた。
  • ホンダ・グレイス ハイブリッドEX モデューロパーツ装着車(FF/7AT) 2017.9.13 ホンダ・グレイスで試すModuloの神髄<PR> ホンダの純正アクセサリーブランド「Modulo(モデューロ)」のアイテムが装着された、白い「ホンダ・グレイス」。このクルマが持つ、落ち着いた乗り味と爽快な走りを支えるものとは? 上質なヨーロピアン・ライドを追求する“モデューロの哲学”の源泉を探った。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
ホームへ戻る