第60回:初代「いすゞエルフ」に会いたい! カワイイ顔した働き者

2008.01.25 エッセイ

第60回:初代「いすゞエルフ」に会いたい!カワイイ顔した働き者

昨秋の東京モーターショーで、『webCG』ワタナベがアウディの「イケメン隊」と並んで最も感銘を受けたのが、いすゞのブースに展示されていた1964年製「初代エルフ」。いすゞの藤沢工場に保管されているというその「初代エルフ」を、『NAVI』の「エンスー新聞」主筆の田沼哲が取材すると聞きつけ、同行してきました。

なぜか郷愁をそそられる

ワタナベ(以下「ワ」):田沼さん、初代エルフを取材するんですって? 私も行きたいなぁ〜。
田沼(以下「た」):じゃあいっしょに行こうよ。でも、あんな古いトラックに興味があるとは意外だね。なんで?
ワ:だってかわいいじゃないですか。私、モーターショーで見て、感動したんですよ。
た:かわいいかどうかはともかく、近頃のツリ目顔のトラックに比べたら、どこかトボケていてやさしい顔つきではあるな。
ワ:でしょう? 前から見るとホントに人の顔なんですよ。ヘッドライトが目、ウインカーが眉毛、エンブレムが鼻、グリルが口で。こんなかわいい顔して、ホントに働いてたの?って感じ。
た:なるほど。

ワ:『webCG』で連載中のエッセイ「マッキナあらモーダ!」の商用車デザインについての回で、初代エルフを取り上げた大矢アキオさんは「なごみ系」と呼んでいたんですが、あの記事もかなり反響があったんですよ。
た:へえ、そうなんだ。
ワ:たぶんモーターショーで見たのが初めてだと思うんだけど、不思議と懐かしい気がするんです。私にとっては、映画「ALWAYS三丁目の夕日」みたいな感じかな。
た:実体験はないけれど、なぜか郷愁をそそられるってことか。ちなみにあの映画の設定は1958(昭和33)年で、現在公開中の続編は翌59年。初代エルフの誕生も59年だから、ちょうど時代は合ってるな。
ワ:え〜っ、エルフってそんなに古いんですか。もうすぐ50歳じゃないですか。
た:「古い」ではなく「歴史がある」と言ってほしいね。初代エルフと同世代としては。
ワ:それはどうも失礼しました。

た:まあいいけど。ところで「エルフ」って車名の由来は知ってる?
ワ:すこし勉強しました。えーと、妖精とかそんな意味じゃなかったでしたっけ?
た:そう。「いたずら好きの小妖精」を指す英語。エルフが生まれた当時、いすゞはイギリスの「ヒルマン・ミンクス」というセダンをライセンス生産してたんだけど、この「ミンクス」ってのは「おてんば娘」って意味なんだ。エルフはその「おてんば娘」の弟分の「お茶目小僧」という意味合いで名付けたそうだよ。

ワ:ぴったりの名前ですね。やっぱり作った人たちもかわいいと思ってたんですよ、きっと。
た:そう言われると、妙に説得力があるな……。

1964年製の初代「エルフ」。奈良いすゞが所有していた不動車をいすゞ本社が引き取り、昨2007秋の東京モータショーに出展するために試作部でフルレストアされた。現在は走行可能な状態にある。
第60回:初代「いすゞエルフ」に会いたい! カワイイ顔した働き者
当時のエルフにはホイールベースが長短2種あったが、これは2460mmのロングホイールベース版の標準(低床)ボディ。荷台長は3020mmで「10尺ボディ」と呼ばれていた。サイズは小型車規格ほぼいっぱいの全長×全幅×全高=4690×1690×1990mm、車重1540kg。最大積載量2000kg。
第60回:初代「いすゞエルフ」に会いたい! カワイイ顔した働き者
まだ写真ではなく絵が使われていた1959年のデビュー時のカタログより。取材したモデルとはフロントグリルやエンブレムのデザインが異なっている。
第60回:初代「いすゞエルフ」に会いたい! カワイイ顔した働き者
同じカタログに描かれていたエルフのマスコット。小さな体にいっぱいの荷物を抱えた「お茶目小僧」である。
第60回:初代「いすゞエルフ」に会いたい! カワイイ顔した働き者
シンプルなインテリア。シートや内張りはオリジナルに近い色目のビニールレザーで張り替えられ、失われていたドアハンドルやキーは残されていた図面に従って複製された。エンジン本体はもちろん、ラジエターなどの補機類もシート下に収めているため足元は広々としている。4段ギアボックスのシフトレバーはコラムにある。
第60回:初代「いすゞエルフ」に会いたい! カワイイ顔した働き者

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ