新型「マツダ・アテンザ」に後方接近車両の警報システム採用

2008.01.24 自動車ニュース

新型「マツダ・アテンザ」に後方接近車両の警報システム採用

新型「マツダ・アテンザ」に後方接近車両の警報システム採用

マツダは2008年1月23日、後方からの接近車両を知らせる「リアビークルモニタリングシステム」を、発売間近である新型「アテンザ」に採用すると発表した。

車両検出エリアは、自車の左右レーン約50m後方までとされる。
新型「マツダ・アテンザ」に後方接近車両の警報システム採用

「リアビークルモニタリングシステム」は、60km/h以上での走行時に左右後側方からの接近車両を検知すると、Aピラー部のLEDを点灯させてドライバーに知らせるという、安全運転支援システム。車両検知時にその方向にウインカーを出すと、LEDが点滅し、警報も発せられる。
同システムでは、24GHzのレーダーを用いることで、広い検知範囲と悪天候から影響を少なさを実現したという。

似たような仕組みとして、ボルボのBLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)やメルセデス・ベンツの「ブラインドスポットアシスタンス」があるが、国産車での搭載は初となる。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
アテンザセダンマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.3 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • トヨタGRシリーズ試乗会(前編)【試乗記】 2017.9.21 試乗記 2017年9月以降、トヨタがスポーツコンバージョンモデルの開発を一段と本格化させる。その製品群「GR」シリーズとはどんなモデルなのか。今後展開される10車種に試乗、それぞれの走りを前後2編に分けて報告する。
ホームへ戻る