新型「マツダ・アテンザ」に後方接近車両の警報システム採用

2008.01.24 自動車ニュース

新型「マツダ・アテンザ」に後方接近車両の警報システム採用

新型「マツダ・アテンザ」に後方接近車両の警報システム採用

マツダは2008年1月23日、後方からの接近車両を知らせる「リアビークルモニタリングシステム」を、発売間近である新型「アテンザ」に採用すると発表した。

車両検出エリアは、自車の左右レーン約50m後方までとされる。
新型「マツダ・アテンザ」に後方接近車両の警報システム採用

「リアビークルモニタリングシステム」は、60km/h以上での走行時に左右後側方からの接近車両を検知すると、Aピラー部のLEDを点灯させてドライバーに知らせるという、安全運転支援システム。車両検知時にその方向にウインカーを出すと、LEDが点滅し、警報も発せられる。
同システムでは、24GHzのレーダーを用いることで、広い検知範囲と悪天候から影響を少なさを実現したという。

似たような仕組みとして、ボルボのBLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)やメルセデス・ベンツの「ブラインドスポットアシスタンス」があるが、国産車での搭載は初となる。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アテンザセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.3 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • マツダCX-3 XDプロアクティブ(4WD/6MT)【試乗記】 2016.12.14 試乗記 デビュー以来、コンスタントに改良が続けられる「マツダCX-3」。現時点における完成度を確かめるため、最新のディーゼル4WD車に試乗。その“走り”の進化に、足まわりの開発におけるマツダの模索を見た。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
ホームへ戻る